休みが少ない職種とは

休みが少ないのはサービス関連や接客業、販売系の職種です。
土日休みなんてもってのほかで平日に1日だけ休めるなんて事も珍しくありません。
具体的な職種で言うとレストラン(ホールスタッフ、調理スタッフ)、美容師、エステシャン、ホテル従業員、コンビニ従業員などがあります。

これらの職種は年間休日が100日を切る企業も珍しくありません。
特に外食産業は年間休日が90日前後も珍しくないので激務と言って良いでしょう。

休みが多い職種とは

休みが多い職種はものづくり系の業種が多いです。
自動車や輸送機器メーカー、電気電子部品、半導体、医療機器など製造業務の休みが多くなっています。

こういったものづくり系の職種は1年間の製造サイクルが決まっているところが多く、繁忙期や閑散期を把握しています。それに合わせて製造工程を決めているので、急な大量生産をするようなこともほとんどありません。
そしてお盆や年末年始などは工場自体を閉鎖して休止しているため、カレンダー通りの休日を取れる企業が多くなっています。

サービス業の現場に携わる人はどうしても一般の方が休んでいる土日も働くケースが多いですが、ものづくり系の仕事の場合、そこまでして働く必要はないので長期休暇が用意されていたり、完全週休2日制で対応しているところが多くなっています。
BtoBになっているか、BtoCになっているかで休日数に違いが出てきます。

具体的に休みはどれぐらいもらえるの?

製造系の仕事だと多いところでは130日以上、少なくとも120日以上の年間休日が確保されているケースが多いです。
具体的な企業名で言うと三菱重工、富士フイルム、JFEエンジニアリング、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ技研、ソニー、パナソニック、住友化学などがあります。

これらはすべて年間休日が120日以上確保されている企業です。
完全週休2日制でお盆休み、祝日、年末年始が休めるので体の負担を減らして働くことができるでしょう。

以上、休みが多い職種についてご紹介しました。
大手企業の方が休日が多いですが、メーカー系の企業なら年間休日が120日以上のところも多いので意識的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

システムエンジニアを目指すならどんな資格を取得すればよい?

システムエンジニアになりたいと考えた時どのような資格があれば転職に有利に働くのでしょうか。 ある程度実務経験があればそこまで資格にこだわる必要はないのですが、未経験の方や職歴が浅い方は資格も考慮した方が良いでしょう。ベンダー資格などがあれば武器になるはずです。

Haruno / 7078 view

営業職に転職をしたい!そのために必要な3つの対策とは!?

営業職に転職を図りたい方の中で、経験豊富なベテランというのはごく少数ですね。 大体の方はあまり実務経験がない、あるいは他業種の経験はあるけども営業職の経験はないといった方がほとんどです。 そういった方がどのような対策を講じれば内定をもらえるのか検証してみました。

Haruno / 3991 view

公認会計士資格を活かせる転職先とは

公認会計士の活かせる仕事といえば会計事務所や税理士事務所がイメージとしてあるかもしれません。 ただ一般企業でも事務や経理、財務部門で公認会計士の方を求めている企業も存在します。 またコンサルティング関連企業も重宝しているので公認会計士の転職先は複数の選択肢があります。

転職さん / 5930 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ