営業職の場合

・職務概要

日々クライアントとのミーティングを行い、クライアント様のご希望を十分に把握し売上アップにつながる販促や求人活動のご提案をさせていただきました。
中小企業から大企業まで幅広いクライアント様のご依頼を受け、より多くの提案を行ってきました。
プロジェクトチームを結成し、十分に調査・精査をし最適なプランや提案をすることで目標達成につながるプランニングを行ってきました。

・自己PR

前職では企業規模にあった最適なプランを提案することで費用対効果の良いプランニングをすることを心がけていました。
紙媒体の求人を主に行っていた企業にWebを利用した求人のメリット(時間短縮や反応の速さ)を伝え利用していただいたところ、「短期間で優秀な人材を確保できた」というお褒めの言葉をいただきました。
決して無理なプロモーション活動するのではなく、企業にあった宣伝方法やアピールポイントを探るのがこれまでの経験で培ってきた自分の強みだと考えています。

経理事務の場合

・職務内容

○○税理士事務所で中小企業および個人に対し税務申告業務を行ってきました。
企業に対しては法人税申告書、キャッシュフローの計算書作成業務、個人に対しては確定申告書の作成を行っていました。
クリアでわかりやすい説明をモットーに、決算業務や税務業務を中心に活動していました。
前職では20人の少数精鋭の事務所でしたが、一人一人がどの役割もカバーできるように幅広い業務を担当していました。

・自己PR

税務署に勤めていた経験からパソコン入力はもちろんのこと、決済から財務管理まで幅広く対応できます。
WordやExcelを利用し財務諸表の作成、試算表作成、確定申告書の作成など可能です。
また一般事務として伝票作成や仕分け管理、時価会計も担当した経験があります。エクセルは関数やマクロについても理解しておりますので、必要に応じて書類作成も対応できます。

上記、営業職と事務職にスポットを当ててレジュメの作り方についてご紹介しました。
これにプラスして企業概要も加えておくと良いでしょう。
どんな会社でどのような業務を行っていたのか、そしてそこで自分は何を担当していたのかを記載することでアピールポイントを明確にすることができます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

本当に今の会社を辞めても大丈夫なのか?辞める前に必ずこれだけは確認しておけ

転職しよう!と決意を固めたつもりでも、いざ会社を辞めるとなると誰でも不安になる。本当に会社を辞めていいのか?それは、実際に辞めてみなければわからないことかもしれないが、できれば辞める前にリスクを確認しておきたい。

Mr.転職エージェント / 1299 view

転職活動は働きながら行うのが良い!?そのメリットとデメリットとは?

転職活動を行うときは現職の仕事を続けながら行うか、あるいはきっぱり辞めてから行うか迷うところですね。時間的な余裕、あるいは金銭的な余裕など様々な理由があって人それぞれでしょう。 ここでは現職の仕事を続けながら転職活動を行ったときのメリットとデメリットについてご紹介します。

Haruno / 1040 view

3か月という短期間での新しい職場の見つけ方

あなたは短距離派ですか?長距離派ですか? 私は本来、完全なる短距離派ですが、こだわりすぎて転職活動が長期的になってしまった派です…。振り返ってみると、次に転職活動をするのであれば、期限を決めて3か月くらいで効率的に行いたい、といつも思います。

ママエージェント / 6284 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ