年収交渉をしても良い人とは

求人を見てると年収のところに「応相談」、「前職を考慮など」と記載されていて具体的な数字が記載されてないことがあります。
具体的な記載がない場合やアバウトな記載をしているケースでは年収交渉が可能と考えてよいでしょう。

しかし年収交渉が可能なのはスキルがある人材ということが大前提。
大した経験もない、異業種からの挑戦という場合、年収は言われるがままを受け入れるしかないのが現状です。

逆に自分に十分な実績やコネクションがあれば、年収交渉も可能でしょう。
例えば、「外資系企業に勤めていて多くのクライアントと顔見知り、業務提携もしていた。」という経験があれば間違いなく重宝されます。
自分が加入することでどれだけ企業に利益をもたらすか具体案まで提示すると、給与交渉がしやすくなります。

無理のない交渉が不可欠

大企業でもない限り、採用しようと考えている人材のおおよその予算は決まっているはずです。
例えば年収400万円ほどを想定している求人で、800万円の年収を希望しても間違いなく受諾してもらえることはないでしょう。

職種の相場、前職の給与、そして自分のスキルの三角形を考慮して導き出した年収であれば説得力があります。

例えばシステムエンジニアの平均年収が480万円、前職までシステムエンジニアとして勤めていた年収が450万円、スキル面ではシステムエンジニアとしてだけでなくWebコンテンツの作成やデザインスキルも兼ね備えているとなれば、年収500万円を要求しても決して不自然ではないでしょう。

このように相場やスキルを目安に現実的な年収交渉であれば、相談にのってくれる可能性が高いです。

バランスが大切

年収交渉をする時は自分を安売りするのもいけませんし、かといって過大評価するのも良くないでしょう。
自分の作業に応じた年収を要求するのであれば、決して悪い事ではありません。
給与面の話をしてすぐに面接で落とされてしまうようであればそれまでの企業です。気にする必要は無いでしょう。

いきなりお金の話をするのではなく、自分ができることを伝えてからそれに見合った給料を希望しますという伝え方なら問題ありません。

以上、転職の際、面接で年収交渉するのは良いのかご紹介しました。
すべては自分の能力やスキル次第です。自分に自信がないのなら年収交渉は控えておいた方が良いでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

一次面接で社長が対応することってあるの?

面接の際、いきなり社長が出てきて面接をするケースもあります。 これは決して珍しい事ではなく中小企業などではよくある光景です。 社長がいきなり面接対応をするときはどんな準備が必要なのか、また二次面接のときは誰が担当者となるのか見ていきましょう。

転職さん / 20346 view

転職面接の身だしなみチェック~女性スーツ編~

女性の転職面接用スーツのポイントは何と言っても「リクルートスーツっぽくならないこと」です。転職用スーツを揃えると何かとお金がかかってしまいますが、うまくやりくりできる方法もありますので、ご紹介します。

転職SE / 10893 view

人事の心を引き付ける面接逆質問とは?

ここでは人事の心を惹きつける面接逆質問についてご紹介していきます。 具体的にどういったことを聞けば良いか、多数のサンプルをもとに紹介していきましょう。逆質問はフリーなので、自分のやる気を見せる絶好のチャンスです。

転職さん / 2157 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ