「特にありません」は御法度

面接で質問が全くない人は良い印象を与えません。
「弊社に対して興味を持っていない」、「就業意欲が感じられない」、「気持ちが伝わってこない」、「面接を早く終えたい」と受け取られかねません。
そうならないためには質問をいくつか事前に用意しておくのが良いでしょう。

もし面接の流れの中で、すでに聞いてしまった質問があれば、「お話の中で質問させていただきましたので特にございません」と回答し、聞きたいことはすべて聞けたというニュアンスを伝える必要があります。

就業意欲を示す質問がベスト!

気持ちを感じる質問ほど人事担当者の心を動かします。

具体的な例を挙げると、

・「実際に内定を頂いた場合、配属された部署での作業スケジュールを教えていただいてよろしいでしょうか。」

・「現在私はWebデザインのみならずプログラム関連も日々勉強しています。そういった複数の作業を担当することは可能でしょうか。」

・「1日の中でミーティングに割く時間は確保されていますでしょうか。」

上記のような質問は自分が働くことを想定した質問になっているため、人事担当者も非常に意欲を感じることができるはずです。
特にあらゆる分野に自分の力を発揮したいと考えている人は非常に情熱を感じるはずです。

面接をしてから入社まで間があく場合は、「その間に勉強しておいた方が良いこと」、「スキルアップしておいた方が良いことがあるか」聞いておくのも良いでしょう。

臨機応変に質問内容を変える

事前に聞きたいことをあまり決め付けすぎるのもよくありません。
面接の中でその質問に関わる部分の話が行われているにもかかわらず、最後に同じようなことを聞いてしまうと、「すでにそのことに関しては話したはず・・・。」となり、かえって悪い印象を与えてしまいます。

質問は複数用意しておいて、面接の中で全く触れられなかったことを聞くようにしましょう。
質問は仕事に関すること、福利厚生のこと、待遇面のことなどいくつか考えておくと良いかもしれません。

以上、最後の質問で聞いておくべき質問についてご紹介しました。
あまり質問が多くなりすぎてもメリハリのない印象を与えてしまいますので、せいぜい2つか3つ程度に抑えておきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職における最終面接、その内容と対策

いよいよ転職活動も大詰めの最終面接。この面接を突破すれば晴れて転職が実現して新しい人生が踏み出せるという局面で、ポイントとなるのはどのようなことなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 7407 view

面接時にやってはいけない5つのこととは!?

面接時の振る舞いや言動で印象を悪くして落ちてしまうということもよくあります。それは面接官との面談だけでなく面接が始まる前や終わった後も実は影響しています。 ここでは面接時にやってはいけない5つのことをご紹介します。

Haruno / 17838 view

面接の返答において意識すべきポイント

面接といえども相手とのキャッチボールですので、日常の会話の延長線上で考えておくということは悪いことではありません。ただし、ビジネスで耐えられる会話となっていなければなりませんので、そこは注意が必要となります。

現転職エージェントの為になる話 / 73334 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ