自動配信か否か

スカウトメールの文体を見て、自動的に送られたものか、それとも担当者が打ち込んだメールなのかを見極めることが大切です。
単純に登録したデータベースに一致しただけで、送信されるように設定されているスカウトメールも存在します。

スカウトメールというよりも「宣伝メール」に近いかもしれません。
例えば自分は製造業に関するレジュメを登録したのに、営業職に関する案内が来たらそれはほぼ間違いなく自動送信されたスカウトメールです。
少なくとも自分の経歴にマッチしていないスカウトメールは見送った方が良いでしょう。

自分の経歴について触れたスカウトメール

不特定多数の人に送っているスカウトメールではなく、自分の経歴に触れて具体的な面談日時の相談などが記載されているのは本気度の高いスカウトメールと解釈してよいでしょう。

もし興味があれば質疑応答を繰り返し、良いと思えば応募することも検討して問題ありません。
ただし個人のことに触れているオファーだとしても、書類選考すら通過していないことがあります。
「実際に応募したら面接すら進めなかった」というケースもあるので理解しておきましょう。

スカウトメールの重要度

転職サイトによってスカウトメールは呼び名がオープンオファー、プライベートオファーなどに変わるケースがあります。
例えばリクナビを見てみるとスカウトメールだけでオープンオファー、興味通知オファー、プライベートオファーの3つが存在します。

この中でハッキリ言ってあなたに本当に興味を持っているのは、プライベートオファーだけです。
他の2つは、「できれば説明会に参加したり、弊社に興味を持ってくださいね」という紹介程度のものです。

プライベートオファーはある程度スキルを持っていると認められている証にもなりますので、検討する価値は十分あります。場合によっては面接日時が記載されているケースもあります。

以上、スカウトメールによって転職できるのかご紹介しました。
「スカウト」という響きがあまりよくないかもしれませんね。実際は紹介メール、勧誘メールというニュアンスが強いものも存在しますのでご注意ください。

不特定多数の人に送っているスカウトメールではなく、自分の経歴に触れて具体的な面談日時の相談などが記載されているのは本気度の高いスカウトメールと解釈してよいでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職活動における本音と建前

転職活動を開始するきっかけというものは10人いれば10通り存在するものですが、意外にもネガティブなものが多いものです。 インターネットに掲載されている転職体験記の類は、どれも転職成功者が後から振り返っているものであることから、どれも美しい話のように思えてしまいます。しかし、実際のところ本当にそうなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 40159 view

転職活動中にあったワースト3の出来事

私はかなり自分にとって難関度の高いものを目指していたため、最終的に転職活動の中で30社以上の面接をしました。その中であった最悪な出来事を紹介します。

ママエージェント / 866 view

残業代ちゃんともらえてる?検証べきポイントとは?

残業が多いのにイマイチ給料に反映されてない気がすると感じたら、時間外労働の割増分が払われていない可能性があります。 具体的に金額や給料の額を用いて明確な賃金について解説していきます! あなたの給料が知らない間にサービス残業になっているかも!?

転職さん / 1670 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ