自動配信か否か

スカウトメールの文体を見て、自動的に送られたものか、それとも担当者が打ち込んだメールなのかを見極めることが大切です。
単純に登録したデータベースに一致しただけで、送信されるように設定されているスカウトメールも存在します。

スカウトメールというよりも「宣伝メール」に近いかもしれません。
例えば自分は製造業に関するレジュメを登録したのに、営業職に関する案内が来たらそれはほぼ間違いなく自動送信されたスカウトメールです。
少なくとも自分の経歴にマッチしていないスカウトメールは見送った方が良いでしょう。

自分の経歴について触れたスカウトメール

不特定多数の人に送っているスカウトメールではなく、自分の経歴に触れて具体的な面談日時の相談などが記載されているのは本気度の高いスカウトメールと解釈してよいでしょう。

もし興味があれば質疑応答を繰り返し、良いと思えば応募することも検討して問題ありません。
ただし個人のことに触れているオファーだとしても、書類選考すら通過していないことがあります。
「実際に応募したら面接すら進めなかった」というケースもあるので理解しておきましょう。

スカウトメールの重要度

転職サイトによってスカウトメールは呼び名がオープンオファー、プライベートオファーなどに変わるケースがあります。
例えばリクナビを見てみるとスカウトメールだけでオープンオファー、興味通知オファー、プライベートオファーの3つが存在します。

この中でハッキリ言ってあなたに本当に興味を持っているのは、プライベートオファーだけです。
他の2つは、「できれば説明会に参加したり、弊社に興味を持ってくださいね」という紹介程度のものです。

プライベートオファーはある程度スキルを持っていると認められている証にもなりますので、検討する価値は十分あります。場合によっては面接日時が記載されているケースもあります。

以上、スカウトメールによって転職できるのかご紹介しました。
「スカウト」という響きがあまりよくないかもしれませんね。実際は紹介メール、勧誘メールというニュアンスが強いものも存在しますのでご注意ください。

不特定多数の人に送っているスカウトメールではなく、自分の経歴に触れて具体的な面談日時の相談などが記載されているのは本気度の高いスカウトメールと解釈してよいでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

自分の主張を貫いた結果、就職活動失敗・・・既卒の転職活動ってどうすればいいの?

新卒で就職活動をしてみたけれど、「自分がしたいことがわからなくなった」「みんな同じようなスーツで就職活動が嫌になった」などの理由で新卒の就職活動を断念してしまう人もいる。「第二新卒」「既卒」になると、やや就職は困難になるが、これから転職活動をどう戦っていけば良いのだろうか?

Mr.転職エージェント / 1065 view

転職しても将来管理職になれるのか検証!

転職をしてしまうと将来的に管理職になりづらいイメージがあります。 確かに一度経験したものを捨て去って新たな環境に身を投じるわけですから、長年勤めている人に比べれば管理職になりにくいイメージがあります。 ここでは転職によってどれぐらい管理職になる確率が減ってしまうのか検証してきます!

Haruno / 914 view

前職の給料はしっかりと申告すべき!?ウソは見破られる?

前職の給料について面接でしっかりと申告すべきか検証していきます。 企業によっては「前職の給料を考慮」と記載されている求人募集があります。 そうなると「ちょっと高めの給料を伝えておいて高い報酬をゲットしたい」という考えが生まれることも。 ここでは前職の給料の伝え方について述べていきます!

転職さん / 11085 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ