担当者がコロコロ変わる

転職エージェントは基本的に登録した時に対応してくれたキャリアコンサルタントが選考から面接まで全て一貫して対応してくれるケースが多くなっています。
しかしキャリアコンサルタントが不足していたり、すぐに辞めてしまうようなところだと面接時の付き添いは、また別のキャリアコンサルタントが来るということもありえます。

そういったケースだとうまく連携が取れずに面接のときに自分の良さをうまく引き出せないということも考えられます。
キャリアコンサルタントの充実度も転職エージェントを選ぶときの重要な要素です。

専門知識を持ったコンサルタントがいない

転職エージェントによっては専門知識が不足しているキャリアコンサルタントも存在します。
営業系の経験をしているコンサルタントは比較的多いのですが、特定の分野の職種になると経験者がおらず、適切なアドバイスを送ってもらえないケースもあります。

特に製造系の専門職種やIT系の専門職種の経験者はいないこともよくあり、ミスマッチの求人を紹介されてしまうことも珍しくありません。
例えばデザイン系のWebデザイナーの希望しているのに、htmlコーダーを募集している求人を紹介されてしまうことも・・・。

同じWEBの仕事だから一括りにされてしまい、自分のこだわりや条件と違うものを紹介されてしまうと、良い転職活動ができません。

転職エージェント本位の話し方をする

例えば自分の希望とは微妙に違う求人を紹介され、とりあえず応募したとします。
そして面接で、やっぱりちょっと満足いかないなというケースもあるでしょう。
しかしそれでも転職エージェントとしてはその企業と長い付き合いがあり、内定辞退をして欲しくないというケースもあります。

その転職先の良い面ばかりを伝えて、とりあえず内定率を高めようとする転職エージェントもすくなくありません。応募者の希望とは違った力が働いてしまうこともあります。

具体的な発言としては、

「ここより良いところはなかなかないですよ。」
「最初はこういったジャンルから力をつけて、まずは実績を作ることが大切です。」
「こちらの企業の方とは何度もやり取りをしていて、転職された方からの評判もとても良いですよ。」

上記のような言葉を投げかけて、「とりあえず転職すべき!」というような趣旨の発言を繰り返すことがあります。
自分の希望とは違った発言をしてくる転職エージェントは要注意です。

以上、トラブルが生まれやすい転職エージェントの特徴についてまとめてみました。
なかなか利用前にはわからないことばかりですが、実際にキャリアコンサルタントと話してみて違和感があるのならば違う転職エージェント検討してみましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントの裏側 -求人票の作成編-

新規開拓の営業活動が実りを結び、晴れて転職エージェントを活用してもらう企業が見つかりました。そのあとは求人票の作成に取り掛かります。実際に応募者の目に触れる求人票、具体的にどのように作成を進めていくのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 5850 view

転職しやすいのはどっち!?ハローワークと転職サイトの違いとは?

転職する際に利用する手段として挙げられるのが、ハローワークと転職サイト。 どちらも身近な存在ですが、それぞれメリット、デメリットが存在します。 転職活動を行う際はどちらを主に利用した方が良いのか詳しくみていきましょう。

Haruno / 104576 view

初めての転職で転職エージェントって何?という方に

『転職エージェント』を知っていますか?あなたの転職活動の手助けをしてくれるとても有難いサービスです。未公開求人の紹介、書類作成、面接の指導などもして頂けるため、是非とも活用するべきだと思います。

ママエージェント / 1633 view

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ