第1位 他にやりたい仕事が出てきた

社会人として働いていて、自分のやりたいことが別に見つかった時に転職を考える方が多くなっています。
これは会社が嫌になったというわけではなく、向上心を持って辞めたことなので転職の際にも使用して問題ないでしょう。
ただ単純にやりたいことを伝えるだけでなく、どのようになっていきたいという将来的なビジョンもはっきり面接の際に伝えるようにしましょう。

第2位 会社の将来が不安

仕事内容や職場環境に不満はないが、将来性に不安を感じる方ほど転職する機会が多くなっています。
転職する時にもこの理由は使えますが、なぜ将来が不安になったのかまで具体的に伝えたいところです。
「会社の業績が年々悪化してきた」、「残業代が支払われないようになった」など自分の気持ちとは裏腹に会社の将来性に不安があるという事を伝えるのがベストです。

第3位 給料に不満がある

やはりある程度経験年数が増えてスキルが向上していけば、それに見合った報酬を求めるのが普通の考え方です。
給料が向上しなければモチベーションにも影響してきます。転職理由としても使えますが、「給料に不満がある」というダイレクトな伝え方よりも、「自分のスキルを市場で試したかった」というニュアンスに変えて伝えるのが良いでしょう。

第4位 残業が多く、休日が少ない

残業が多く、休日が少ないというのも昔からある転職理由の一つです。
若い時はそれで良くても、家庭を持ってプライベートと仕事の両面を充実させたいというときはこのような転職理由が出てくるのも自然なことでしょう。
転職理由として伝えるときは「どれほど過酷だったか」を伝えるべきです。
月に数回程度の残業や休日出勤で辞めたとなれば「忍耐力がない人」と思われかねないので注意しましょう。

第5位 専門知識や技術の向上を目指したい

「今いる現場では技術アップが見込めない」、「将来的に今のスキルだけだと他で通用しなくなる」と自分の職場環境に不満を感じて転職を図る方もいます。
この転職理由は多いに面接で使えます。ただ具体的になぜ現在の職場では技術向上が見込めないのかも伝えるべきでしょう。
例えば、「機械オペレーターとして働いているが、その企業でのみしか扱ってないものなので将来的に不安がある。需要もだんだんと減っているため転職するなら今しかないと判断した。」などの理由を考えておく必要があります。

以上、第2新卒者で多い転職理由ランキングについてご紹介しました。
転職理由と今後の思考や将来の展望について伝えることができれば転職もスムーズにいくでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職を考えるべき3つのタイミングとは!?

転職を考える理由は人それぞれ。 「収入が少ない」、「仕事内容がマンネリ・・・」、「上司とうまくいっていない」など。 中でも、会社の方針や考え方と合わないと感じたら、それは転職を考えるべきです。 ここでは転職を考えるべき3つのタイミングについてご紹介していきましょう。

Haruno / 83165 view

転職で職歴空白期間の埋め方に困っている人必見!

転職活動をしていてネックとなるのが空白期間。 空白期間が長ければ長いほど悪い印象を与えがち・・・。その部分を経歴詐称してまで埋めてしまう人もいます。バレなければ良いと考えている人も多いかもしれませんが、現実的には故意に空白期間を埋めてもバレてしまうのが実態です。

転職さん / 26564 view

悪い印象を与えない退職理由とは!これを伝えれば問題ナシ!?

転職の際によく聞かれる質問が、「前職を辞めた理由」です。 そこで応募先企業にとって、「それならばしょうがないかな」と思わせるような退職理由を伝えることでマイナスイメージを与えずに済みます。 具体的にどのような退職理由がよいのでしょうか。詳しく検証していきましょう。

Haruno / 1226 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ