職場環境への興味を示す質問

「もしお時間あれば配属部署を拝見したいのですが可能でしょうか?」

「配属部署の1日のスケジュールを教えてください。」

「配属部署の平均年齢や社員の人数について教えてください。」

「配属部署での仕事は研修などあるのでしょうか。」

「弊社の扱っている製品は担当部署でも作成することができますか。」

「自分のアイディアをいかしたデザインは発揮できる現場でしょうか。」

「私はデザインと企画の両面でアイディアを出したいと考えているのですが、部署を越えてそのような仕事の仕方は可能でしょうか。」

上記のように仕事に携わることを意識した質問は労働意欲を感じさせるのでとても好印象です。
現場の具体的な作業内容や必要な知識を学びたいという姿勢は見せておきたいところです。

向上心をアピールできる質問

「御社に入社した暁にはできるだけ早い段階から戦力として頑張りたいと思っています。それを踏まえ、今の段階で覚えておくべきスキルはありますでしょうか。」

「入社前に必要となる資格や免許があればお伝えいただければ幸いです。」

「現在、パワーポイントの技能認定試験を受けるために勉強中なのですが御社でもこのようなソフトの知識を生かす場面はあるのでしょうか。」

「差し支えなければ御社が今取り組んでいる作業について教えていただくことは可能でしょうか。入社前に勉強したいと考えています。」

「見識や語学の向上を目的に海外出張も積極的に行いたいのですが、そのような意見は考慮していただけるのでしょうか。」

上記のように会社に貢献したい、あるいは役立つ資格や免許を取得したいという意欲があれば会社にとって貢献度が高くなるであろう人物と見込まれます。

労働環境についての質問

「御社では育児制度について、どのようにお考えでしょうか。」

「業績が非常に伸びていることが伺い知れますが、それに伴い仕事量は増えているのでしょうか。」

「転勤の可能性はありますでしょうか。」

上記質問は高い向上心を示すものではありませんが、ミスマッチを防ぐために現場環境を事前に理解しておきたいという表れなので、「この人は急に辞めたりしないだろう」というような安心感を与える質問でもあります。

以上、人事担当者の心を惹きつける面接での逆質問についてご紹介しました。
あまりにも質問内容に具体性がないと相手の心に響きません。
実際に自分が現場で働いて貢献したいという気持ちを感じさせるようなリアリティのある質問が望ましいです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

1次面接成功の鍵は自己PRにあり!面接官はプロとは限らない

それは、間違いではありませんが実は、面接官にとっても面接は難関なのです。 なぜなら、1次面接などは面接に慣れていない現場の担当者が面接に入るケースがよくあるからです。 この場合、1次面接突破のポイントは2つあります。

転職アタッカー / 2019 view

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 11269 view

採用側の事情も知っておこう

市場が売り手の場合は、応募者から見ると引く手あまたの状況です。このような時こそ、企業が人を採用する際の実力がはっきりと表れます。

現転職エージェントの為になる話 / 81007 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ