転職エージェントは応募者に優劣をつけているってホント?

応募者に対して具体的に対応の違いがあるなんて公表していませんが、経歴が優れている人、スキルが優れている人、登録したてで向上心がある人はより積極的に転職をサポートしてくれます。

例えば前職まで上場企業に勤めていて素晴らしい実績があれば、欲しいと考えている企業も少なくありません。
そうなると比較的すぐ転職が決まりますし、転職エージェントにとってもコストパフォーマンスが良いので理想的です。

またそういった方は高額年収で契約することも多いため、見返りとなる仲介手数料がアップすることが考えられます。年収の何割かが仲介手数料になっているケースも多いですから、転職エージェントにとっても経歴が優れている方はうまみが多いというわけです。

また資格や免許を持っている人も転職業界では人気のある人材ですから、転職エージェントが積極的に転職支援してきます。

それ以外では登録、間ない方にも転職エージェントは積極的です。
労働意欲に優れていてモチベーションも高い人が多いので、転職エージェントから応募者へ複数の求人案件を紹介してきます。

転職エージェントが力を入れない人材とは?

転職エージェントが目的としていることは、できるだけ短時間で内定をもらう手助けをすること。
多くの人に面接を受けてもらって内定が増えれば増えるほど紹介手数料を得られることになります。

逆にいうと内定が得られる可能性が少ない人ほどあまり支援してくれません。
転職回数が多い人、高齢の人、職歴が芳しくない人、休職期間が長い人など。

時間をかけて支援しても結局内定をもらえなければ転職エージェントの活動もお金になりません。
そういった背景もあり、例えば登録してから3ヶ月ぐらい経つと急に連絡が途絶えるという事がありませんか?

それは転職エージェントがあなたに対して支援する力を弱めたということが挙げられます。
優先度があなたから他の人に移った可能性が高いです。
表向きは誰に対しても「一緒に頑張りましょう!」と進言していますが、現実は人材スペックを考えて優先度を変えているのが現状です。

以上、「転職エージェントのここだけの裏話」についてご紹介しました。
あまり自分の経歴に自信がない方は登録から3ヶ月以内が勝負です。早めの転職活動で転職エージェントの支援を受けているうちに転職先を決めたいところです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントは途中で変更できるの?

転職エージェントの中には自分と気が合わない人もいるかもしれません。 ただ大手の企業なら代替の転職エージェントが存在しますので、変更してもらうのも可能です。 その場合は担当者ではなく、企業に連絡して変更してもらうと良いでしょう。

Haruno / 691 view

しつこく電話を掛けてくるのはどの転職エージェント?

ここでは転職エージェントに登録した際、しつこく電話がかかってくる転職エージェントを検証しました。 業務上どうしても電話がかかってくる可能性が高いですが、転職活動をしていないのに何年たっても頻繁にかかってくるのは避けたいですね。 どんな転職エージェントがかかってきやすいのか調べました。

Haruno / 4515 view

転職エージェントとの上手な付き合い方

慣れない転職活動で唯一といってもよい味方は転職エージェントです。上手に付き合うことで、転職の結果が変わってくるのです。どのように付き合えば良いか解説してみます。

現転職エージェントの為になる話 / 53179 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ