高いところだと仲介手数料が30%越え?

転職サイトの最大手といえばリクルートエージェントが挙げられます。
リクルートエージェントの推定仲介手数料は30%から35%。
これはかなり高い部類と言われていて、それが中小企業があまりリクルートエージェントに登録していない一つの理由と言われています。

例えば年収600万円の人を採用したら、200万円程度が仲介手数料として支払われる計算になりますから、人件費に経費をそこまでかけられない企業にとってみれば、リクルートエージェントはちょっと利用しにくい転職エージェントかもしれません。

リクルートエージェントだと内定率が下がってしまう?

上記ご紹介した内情を伝えると、リクルートエージェントからの転職は難しいように感じますね。
ただリクルートエージェントで求人活動しているような企業は費用面よりもやはり人材を第一優先に考えています。
良い人材がいれば多少の仲介手数料は支払っても構わないと考える企業がほとんどです。

すなわち優秀な人材であればリクルートエージェントでも十分に内定が可能です。
企業にとってみれば永続的に働く人材を決めるわけですから、仲介手数料だけで判断することはまずありません。

中規模の転職エージェントにも登録しておく

大前提として良い人材を確保したいと、どの企業も思っていますが、もし似たようなスキルを持った人が同時に別々の転職エージェントから応募してきたら、仲介手数料が安い転職エージェントから応募している人を採用するケースはあるでしょう。

そういった事態も考慮すると大手の転職エージェントだけ登録するのではなく、中規模の転職エージェントにも1つや2つは登録しておきたいところです。
ただ中規模だからといって仲介手数料が10%など大幅に安くなるわけではありません。根本にあるのは人材を見極めるというところですから、転職エージェントによって多少内定率が変動することはあっても、大幅に変わることは考えにくいです。

以上、転職エージェント毎に内定率は変わるのか検証してみました。
単純にマイナビだと内定率が70%、アデコだと内定率が40%などと大きな違いがあるわけではありません。
応募者の能力が内定率に影響してくるということには変わりありません。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職サイトのメリット・デメリットを理解し、有効に使う事が成功への鍵になる

転職をする人の多くが、転職サイトを活用している。転職コンサルタントがつき、求人情報検索や応募書類の添削、企業との交渉など、ほとんどが無料で様々なサービスが受けられからな。その反面、思わぬ落とし穴もある。 そんな転職サイトの仕組みと、メリットとデメリットについて説明しよう。

Mr.転職エージェント / 12143 view

転職エージェントを利用して中小企業に就職するという選択肢

転職エージェントを利用して中小企業や零細企業に就職する人が増えていますが、特に多いのが中小企業に就職する人です。

転職忍者 / 11891 view

外資系の企業に強みを持つ転職エージェントといえば!

転職先を外資系やグローバル企業を中心に探している方もいるでしょう。日本にとどまらず海外で活躍の場を見い出したい、英語力に自信があるので海外の企業ともやり取りを行いたい、外資系企業とのパイプを持っているところで働きたいという方にうってつけの転職エージェントをご紹介します。

Haruno / 846 view

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ