職務経歴書

【要約】
私は前職では営業職として従事してまいりました。
主な業務内容は新規顧客開拓営業。顧客ターゲットは小売業を中心にで東京近郊のエリアを担当していました。
また既存顧客との関係も保ち、長年の提携が実現していました。

【職歴経歴】
2009年○○株式会社入社

事業内容○○の販売および製造
資本金○○円
売上高○○円
従業員数○○人

2015年一身上の都合により退社

【担当業務】

入社後2ヶ月ほど研修を受け、ビジネスマナーを学ぶ(電話応対、事務処理、礼儀作法、メールの文章など)。
営業職として自社製品の販売、提案、資料作成を担当。
主に東京エリアを担当し、顧客のニーズにあった店舗を巡り、自社製品のPRをする。

自社製品のPRだけでなく、お客様の要望に合った商品を提案するため、初回時の受注数を減らしてお試し期間を設けるなど工夫を凝らすことで新規顧客開拓を増やし、前年比20%増を実現。

後に営業職の部門リーダーを任され、部署を統括する立場に。
営業業務以外に入出荷管理や検収業務も兼備。

【PCスキル】

Excel:関数やグラフの作成
Word:文書作成、宛名作成
Powerpoint:会議用資料作成

【自己PR】
6年間営業職として仕事に従事していました。
業務をを通して学んだことは自分の希望を伝えるよりもまずはお客様の要望を伺うこと。
営業職は押し売りのようなスタイルは好まれません。相手が望んでいるものを理解してからそれに合った商品を提案するというのが私のポリシーです。
お客様の要望多く聞くことで自社製品のアピール方法もいろいろな角度からできるようになりました。
常に先を読み、代替案を提案できるように考えることで売上も上昇していきました。
「商品を売るのではなく、売って欲しい」と思われるように考えることで業績もアップしていきました。
今後もそういったお客様目線の考えを持ち、営業職を全うしたいと考えています。

以上、営業職の職務経歴書についてサンプルをご紹介しました。
業務内容や使用できるソフトを明確に記入しましょう。
またその業務を経て自分が何を学んだのか記載すると良いでしょう。
転職先で役立つような経験やスキルも併せて記載したいところです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

現役転職エージェントがこっそり教える内定が出る履歴書の書き方

転職ではずばり活動タイミングが大切です。通常時間が限られるものですし、いわゆる短期決戦です。賞味1〜2か月で効率よく活動するためには、履歴書を送付した企業からNGが出ないことです。ここでは内定につながる履歴書の書き方を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 50472 view

書類選考通過へ導く職務経歴書の書き方

転職成功のための最初の難関が書類選考です。 人気の求人になると大変多くの応募があり、その中から選ばれるためには採用担当者の目に留まる職務経歴書でなければなりません。 どうすれば書類選考を通過できるのか、そのポイントをご紹介します。

転職アタッカー / 5304 view

書類選考を突破するためには自己PRを工夫しろ!

確実に書類選考を突破するためには、職務経歴書の自己PRで他の応募者と差をつけることが必要となります。しかし、新卒の自己PRとは違い転職における自己PRでは前職での実績がものを言うことになります。どれだけ営業スキル、開発スキルが高いといったところで、それに紐づくだけの実績がなければ企業側の納得感を得られないのです。ここでは、少しでもより良い実績をアピールするためのテクニックを解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 22426 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ