エステティシャンになれる人とは?

エステティシャンは8割から9割がた女性の従業員で占められています。
男性に向けたエステティシャンであれば男性のスタッフも少数存在しますが、ほとんどの場合は、女性エステティシャン。

エステティシャンは月収で25万円以上のところも多く、高収入でありながらも転職するのにそれほど難しいわけではありません。
どこか専門学校に通ってエステに関する資格を取得しなければいけないというわけではないからです。

ただしいきなり店舗で接客するわけではありません。
エステの技術と接客マナーを学んでから現場で活躍することになります。

エステティシャンはどのような段階を踏んでなれるの?

面接でエステシャンの経験があればもちろん優遇されますが、異業種からの転職者も多いのが特徴です。
アパレル関係に勤めていた方や医療関係に勤めていた方など様々。

特に必要とする知識はありませんがメイクやスキンケアの知識は役に立つでしょう。
資格や免許を必要としない仕事なので向上心があり、やる気さえあれば十分に転職できる可能性はあります。

面接で意気込みを伝え、内定をもらえたら1ヶ月ほど研修が待っています。
店舗とは別に新入社員専用の施設で合宿を行い、痩身や脱毛に関する記述を学びます。学ぶ技術はエステで行っている施術内容により異なります。

研修後、配属された店舗でいきなり全身脱毛を新入社員がやるということはありません。
脇や腕など比較的な難易度の低い部位から対応していきます。
最初は先輩に指示してもらい、二人三脚でお客さんを施術していきます。
施術や接客マナーが十分と判断されれば、あとは独り立ちして技術を日々習得していきます。

エステティシャンとして覚えておいた方が良い技術や知識とは

エステティシャンに転職するなら、お客さんとのコミュニケーションが必要不可欠です。
さらに美容知識やエステ技術、コスメに関する知識もあると良いでしょう。
コスメで成分に関する肌への影響を理解していれば、エステ店で販売している商品のアドバイスやサポートがしやすくなります。

普段からスキンケアや美容に興味がある方は向いている職業と言えそうです。
技術的には特殊な機械を使いますから、入社後覚えるしかありません。
ただ取り立てて難しい機械を扱うわけではないので、心配する必要はないでしょう。

以上、エステティシャンに転職するために必要なことをご紹介しました。
報酬が高い反面、なかなか休みも少なく大変な部分もあります。最初のうちは時間外労働も多くなり苦労するでしょう。
ただそれでも未経験から始めるには魅力的な収入が確保できますよ。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職で30代が重宝される職種があるってホント!?

30代での転職となると、どうしても選択肢が狭まってしまい、内定を得るのも苦労するというイメージがありますね。 実際に異業種への転職となると困難が待ち受けています。 ただ、職種によっては30代でも重宝されているものがあるんです。具体的にどういった職種があるのかご紹介していきましょう。

Haruno / 4299 view

公認会計士資格を活かせる転職先とは

公認会計士の活かせる仕事といえば会計事務所や税理士事務所がイメージとしてあるかもしれません。 ただ一般企業でも事務や経理、財務部門で公認会計士の方を求めている企業も存在します。 またコンサルティング関連企業も重宝しているので公認会計士の転職先は複数の選択肢があります。

転職さん / 5890 view

システムエンジニアを目指すならどんな資格を取得すればよい?

システムエンジニアになりたいと考えた時どのような資格があれば転職に有利に働くのでしょうか。 ある程度実務経験があればそこまで資格にこだわる必要はないのですが、未経験の方や職歴が浅い方は資格も考慮した方が良いでしょう。ベンダー資格などがあれば武器になるはずです。

Haruno / 7059 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ