「スキルの向上が見込めなかったから」

仕事をしていて「任された業務がつまらない」、「他で生かすことができなそう」と感じてきてしまうことがあります。
「その業務がもし需要がなくなった時に自分は何もできないのでは?」と不安に駆られる人も多いです。

これはリスクマネジメントを常に考えている証でもあるので、新たに仕事を覚えたいという意欲を感じさせてくれます。
前職では新たな仕事をやりたいと上司に伝えても、会社はそれを望んでいなかったということも付け加えておきましょう。
自分の気持ちと会社の思惑が一致していないという事を伝えるのがベストです。

「会社の将来性が不安になった」

年々給料が減少したり、ボーナスカットなどの憂き目に遭ってしまう人は将来が不安になりますね。そういった時は転職を考えるタイミング。
自分1人だけでは対応しきれないような会社状況になっていたと伝えて、転職を決断したことを伝えましょう。

「自分には子供もいるので生活費を考えると今のままでは厳しい」、「もっと自分が頑張った仕事を評価してくれるところで働きたい」など意欲を感じさせる転職理由は決してマイナスにはなりません。
決して「給料が低いから辞めました」などとストレートな言い方は辞めた方が良いでしょう。

「会社の経営や理念に疑問を持った」

これは少なくとも3年以上働いた第2新卒者が使える転職理由です。
長く働いていると会社のスケジュール管理や上司の考え方に違和感を覚えてくることがあります。

もっと効率的な方法があるのに「昔からこの方法だから」と頑として方針を変えなかったり、毎日残業時間が長く、仕事のメリハリがついていないなどのケースがあります。

一時的なものではなく、長期的に悪い習慣が染み付いてしまっているときはそれを理由に退職理由とするのも良いでしょう。
例えば、一時的な残業なら辛抱できますが、年がら年中残業になっているとそれが慢性化してしまっている可能性が高いですね。

長期に渡って働いていたなら会社方針を転職理由に挙げても問題ありません。
しかし1年未満で残業が長いと嘆いたり、上司の言うことが納得できないと言ってしまうとただのわがままになりかねないので注意しましょう。

以上、第2新卒者が使いたくなる転職理由についてご紹介しました。
「まだまだ向上心は持っているんだけど、今のところではそれが実現できそうにない」というようなニュアンスの転職理由が第2新卒者には向いています。
ぜひ取り入れてみましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

「転職したいけど、やりたいことがわからない」そんな悩みを解決する3つのポイント

今の仕事に不満や不安があって、できることなら転職したいと思っているのに、いざ転職となるとどうしても一歩前に踏み出せないという人はたくさんいます。そんな時に誰もが抱えている悩みが「やりたいことがわからない」ということです。 悩み解決の3つのポイントを参考に自分を知ることから始めましょう。

転職アタッカー / 3967 view

転職で働くエリアを変えた人たち

転職活動に何を求めますか?給料アップや業務内容を求めて転職する場合が圧倒的に多いでしょうか。しかし、働くことは生きることであり、転職活動と共に生活の場を大きく変えることも可能です。

ママエージェント / 1111 view

転職理由で本音を言うべきなのか!?それとも建前にすべき?

ここでは転職理由の本音と建前に迫っていきましょう。 一般的には「さらなるスキルアップを目指したい」、「会社の将来性に不安を感じた」などの理由が上位を占めています。 ただ現実的にはもっと露骨な意見が・・・。 具体的にどういった理由があるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 2023 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ