転職を短時間で済ますことが可能!

一人で転職活動をすると履歴書や職務経歴書を作るのも自分、仕事を探すのも自分、応募するのも自分とすべて1人で行動を起こさなければいけません。
しかし転職エージェントに依頼すれば仕事を探す手間も省けますし、応募した後の段取り調整や面接日時の調整も全て任せることができます。

特に働きながら転職活動をしたい人には効率的に次の仕事を探すことが可能。
自分1人だとブランクが空いてしまう可能性があるので、その点においても転職エージェントの利便性が挙げられます。

しかも無料で手伝ってくれるので使わない手はありませんね。
また一人で転職活動をすると孤独感がつきまといますが、転職エージェントを活用すれば相談できる人がいるというのも安心感を与えてくれます。

Webから簡単に応募できる!

個人で転職活動を行うと企業側に履歴書や職務経歴書を用紙に書いて送付しなければいけません。
しかし転職エージェントを利用すればWebに履歴書と職務経歴書を登録できるので、そこからWeb経由で各企業に送付することが可能。

いちいち用紙に記載する手間を省くことができますし、コストカットにも繋がりますね。
複数社との転職活動になると履歴書や職務経歴書の用紙、切手代、封筒代なども馬鹿になりません。
企業によって自己PRなどは内容を変えた方が良いですが、それでもWeb経由なら手間は最小限に抑えることができます。

質の良い求人が充実している

自分1人で活動すると地元のハローワークや求人雑誌などが主な転職材料になりますね。
ただそういったものは正直なところ、決して優秀な企業が多いというわけではないんですよ。
なぜかというとハローワークに求人を掲載するのに企業側はお金がかかりませんし、求人誌も比較的安価で掲載することが可能。
つまり経営があまり優れてなくても、掲載できてしまうんです。

一方転職エージェントの求人は仲介手数料を転職エージェントに払っていますし、経費よりも良い人材を集めたいと考えている企業ばかり。
そのため安定した利益を生み出している企業ばかりが転職エージェントに参加していると考えられます。

以上、転職エージェントを利用した3つのメリットについて紹介しました。
上記紹介したもの以外にも、転職エージェントと関わりのある企業なら内定する確率が高まるなどプラスアルファがいくつもあります。
自分1人の転職活動は見切りをつけて転職エージェントを利用した方が良いですね。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントごとに内定率が違うってホント?

転職エージェント毎に内定率が違うと言われています。 それは転職エージェント毎に企業から支払われる仲介手数料が異なることが影響していると考えられます。 同じようなスキルを持った人なら、仲介手数料の安い転職エージェントから応募してきている人を採用するのではという憶測が流れています。

転職さん / 1428 view

金融業界に強い転職サービスはどこ?

転職サービスの中にはそれぞれ提携している企業との兼ね合いで得意ジャンルが存在します。 その中で、金融業界とのつながりがあり多くの転職実績があるのがJACリクルートメント。 金融業界に関する詳しいエージェントも多数在籍していて、秀でた実績を誇ります。

転職エージェントガール / 633 view

転職エージェントは途中で変更できるの?

転職エージェントの中には自分と気が合わない人もいるかもしれません。 ただ大手の企業なら代替の転職エージェントが存在しますので、変更してもらうのも可能です。 その場合は担当者ではなく、企業に連絡して変更してもらうと良いでしょう。

Haruno / 778 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ