職種別の筆記試験の有無について

転職サイトのDODAによると転職の際、面接で筆記試験が行われる可能性は51%と伝えられています。

職種別に見ていくと、筆記試験を実施する可能性が比較的高いものは機械、電気、化学、食品などの専門知識を要する仕事。
これらの職種は筆記試験を実施する割合が60%を超えています。

逆に筆記試験が少ないのはクリエイティブ系と医療系の仕事。
クリエイティブ系は試験よりも個人のデザイン力や過去の実績が重視されるため、筆記試験はあまり意味がないと考えている企業が多いようです。

医療系はすでに専門知識を持った資格所有者が応募しているため、わざわざ筆記試験を実施する必要はないと考えているようです。
それぞれ40%を切っていて、筆記試験を行う割合は低くなっています。

筆記試験はどんな問題が出題される?

筆記試験といっても学校の授業のような内容が多いわけではありません。
性格や能力適性を問う質問も半分以上を占めていて、そこまで身構える必要はないでしょう。

性格は仕事を行う上で向いているかどうか、ストレスなく仕事を続けられるかなどの人格を問う質問が多くなっています。
その場で答えられるような質問なので、特に事前準備をする必要はないでしょう。

一方、能力適性テストは計算能力や読解力が中心。
漢字の読みや四字熟語など一般常識が問題として出題されることもあります。

専門的な問題が出題されるケースも!

一般常識のほかに、その職種ならではの問題が出題されることもあります。
例えばプログラマー志望ならプログラミングに関する記述の問題、外資系の仕事なら英語力を問う問題、食品系の仕事なら衛生管理に関する問題などがあります。

特定の分野で出題されそうなものはその専門書を購入した方が良いでしょう。
例えば、転職者用SPI3、Web系完全攻略適正テスト、電気工事士筆記試験過去問題集などの本がありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

以上、転職で筆記試験がどれぐらいの割合で実施されるのか検証してみました。
あまり大手の企業でないと実施していないところの方が多いです。事前に面接の内容を確かめて備えてみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

秋の9月・10月は転職はライバルが少ないってホント!?

転職をする際にできるだけライバルが少ないタイミングで転職活動したほうが内定を得やすいというのは明らかです。ではライバルが少ないタイミングは1年の中でどのタイミングなのでしょうか。理想的な転職の時期とは。

転職エージェントガール / 1362 view

転職後に発覚した失敗、思っていたより仕事がつらかった・・・

転職の失敗は、転職後に発覚するものです。「憧れの職業についたけれど、思ったより仕事がきつかった・・・」、「聞いていたのとは違って、かなりの激務だった・・・」など、思ったより仕事がつらかったという転職者もいます。そうならないためにはどうしたらよいか、お話しましょう。

テンキンマン / 3359 view

サービス残業はどのくらいあるの?その実態とは

サービス残業をする企業はどのくらいあるのか徹底調査しました。 サービス残業は紛れもなく違法行為で、賃金不払い残業は社会問題にもなっています。サービス残業が慢性化しているところでは転職を考えた方が良いでしょう。

転職さん / 1181 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ