一般的には転職回数はどれぐらいが多い?

転職サイトのDODAが発表したデータによると、転職が初めての人は55%ほど、2回目の人は25%ほど、3回目の人は10%ほど、4回目以降の人が5%という割合になっています。

このように初めて、あるいは2回目という人が転職市場で8割がたを占めています。
3回目以降の転職者は自分はちょっと転職する回数が多いと自覚しておいた方が良いですね。
3回目以降の方は転職がすぐに決まるとは限りませんので、慎重な判断が必要です。

転職回数と転職成功率の因果関係はあるのか

転職回数が多ければ転職成功率が全体的に下がる傾向があります。
ただ、それは職種によって異なり、技術やスキルが磨かれる職業ほど転職回数の影響が受けにくいとされています。

その最たる例が、クリエイティブ系の仕事。
デザイナーやイラストレーター、ウェブデザイナーなどです。
これらの仕事は就業年数が増えれば増えるほどスキルも向上する傾向にあります。

それゆえ新卒者よりもむしろ実務経験が豊富な人の方が重宝されやすい世界です。
クリエイティブ系の転職は2回目や3回目の方がむしろ転職成功率がアップするとさえ言われています。

ただし4回目以降になると逆に、「安定して業務が行えない人」と判断されやすく、転職成功率も下降していきます。
他の業種は2回目、3回目と回数を重ねるごとに転職成功率も下がっていきます。

転職回数の多さが特に懸念される仕事とは

クリエイティブ系とは逆に転職回数の多さがマイナスとなりやすいのが営業系や販売系、サービス系の仕事。

1回程度の転職ならまだまだ転職成功率も80%前後で高い割合となっていますが、3回目以降になるとガクンと下がります。
転職成功率は30%から40%程度。

ここまで下がってしまうのは同様の仕事で2回も転職していると、「今回もまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまうからです。
営業や販売の仕事でそこまで企業によって差異があるわけではありませんから、3回目以降の転職者は「長続きしない人」と判断されてしまう傾向があるようです。

全体の傾向としては手に職を持った仕事は転職回数の影響が受けにくく、営業など幅広い業界で重宝されている仕事は転職回数の影響を受けやすい流れになっています。

以上、転職回数の影響について紹介しました。
転職をするときは安易に決めるのではなくしっかりとした理由を持って、転職回数をできるだけ減らしたいところですね。
「転職回数が増えて、たくさんの経験を積んでいる」とプラス思考で考えてくれる企業は残念ながら少ないのが現状です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

年齢別の転職を成功させるポイント

物事は何事もタイミングが大事だと言われます。転職をしたいと思った時がまさにそのタイミングなのです。 けれども、転職をする年代が20代と40代ではアピールすべきポイントが異なってきます。タイミングはいつでもよいのです。しかし、若いなら若いなりのコツがあったりします。そこで年代別の考慮点を紹介します。

現転職エージェントの為になる話 / 15077 view

女性従業員で管理職の人はどれぐらいいるの?

ここでは女性従業員の管理職比率について紹介していきます。 女性の社会進出が著しいと叫ばれる昨今ですが、実際、会社で女性が指示をしたり、グループを引っ張っている人はどれぐらいいるのでしょうか。 女性従業員の管理職比率をまとめました!

キャリアエージェント / 796 view

転職のチャンス!?有効求人倍率が上昇傾向に!

近年、景気回復が叫ばれていて2009年を最後に有効求人倍率が回復傾向にあります。 有効求人倍率は高ければ高いほど応募者にとって有利な状況を示す割合。 悪い時は0.5倍の水準になっていた時期もありましたが、今は1.24倍まで回復しています。 有効求人倍率について詳しく見ていきましょう!

転職さん / 2639 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ