旦那さんは働くことに対してどんな意見を持っていますか?

既婚者で旦那さんが働いている場合、共働きについての考え方や将来設計について聞かれることがあります。
旦那さんは将来奥さんに家庭に入ってほしいのか、子育てを優先して欲しいのかなどによって今後の勤務に大きく影響してきます。

自分が働きたいと思っていても周りがあまり賛同していなければ、将来的に長く働いてもらえないかもしれないという企業側の意図があります。

年下の女性ばかりですが、問題ありませんか?

アパレル関係やエステ関連など女性が多い職場で結婚を機に再び復職となると、年下の社員が多くなります。
時には年下から指導されたり、注意されることもあるでしょう。
そういった環境下でも問題ないかといった確認の質問がされます。

特に女性間はいざこざがあると後まで尾をひきやすいといわれますから、そういった環境でも自分が対応できるのかイメージしておくことが大切です。

異性(男性)が多い職場ですが、問題ありませんか?

営業や製造関連の仕事だと男性の比率が多くなる傾向があります。
そういった職場で働くことに抵抗が無いかという質問を女性は受けることがあるかもしれません。

「ちょっと抵抗がありますが頑張ります」、「学生時代は女子校だったのでうまく話せるかわかりませんが頑張ります」などの回答は好ましくありません。
コミュニケーションをいかに円滑に取れるかがポイントなので、「問題ない」と答えるのがベターです。

残業が多いですが大丈夫ですか?

女性は男性に比べ、体力面や環境面が合否を握っていると言っても過言ではありません。
例えば、「子供がいるので残業はできない」、「ホルモンバランスの関係で長時間働いていると頭が痛くなってしまう」などの理由があると、どうしても不採用になりがち・・・。

どうしても残業ができない場合は応募自体を見送った方が良いでしょう。
採用して欲しいがために無理に嘘をついてしまうと、後々自分が苦しくなるので正直に答えるのが無難です。

以上、女性が面接でよく聞かれる質問についてご紹介しました。
職場環境や勤務時間、数年後の将来設計について聞かれるケースが多いので事前準備を進めておきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 11269 view

転職の際、面接で聞くべき3つの質問とは!?

就職面接では、内定を貰いたいがために自分をアピールすることだけにとらわれがち。 しかし、面接ではこちらからも質問をしたり、疑問を投げかけても良い場所です。 だいたいは最後に質疑応答に答えてくれる時間が設けられますので、そこでいくつか質問してみましょう。

Haruno / 20983 view

人事の心を引き付ける面接逆質問とは?

ここでは人事の心を惹きつける面接逆質問についてご紹介していきます。 具体的にどういったことを聞けば良いか、多数のサンプルをもとに紹介していきましょう。逆質問はフリーなので、自分のやる気を見せる絶好のチャンスです。

転職さん / 2370 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ