スタジオミュージシャン

スタジオミュージシャンはレコード会社などに所属して担当するというよりも人脈や経験、伝手を頼って呼ばれてサポートするというケースがほとんど。
スタジオミュージシャンになりたいのなら、まずは自分の演奏能力を磨いてデモテープ等を送り、実力を証明することが最優先です。

インストラクター

ピアノの先生やギターの先生などインストラクターになるためには演奏力だけでなく指導力もポイントです。
単純に自分の実力をひけらかすだけでは、人気のインストラクターにはなれません。
丁寧な指導を心がけて生徒が増えていくような対応の力も必要。

自分から音楽教室を立ち上げて指導するのであれば特に資格は必要ありませんが、インストラクターとして指導員になるならヤマハやカワイなど音楽教室を実施している企業に属して講師としての資格を得る必要があります。

イベントスタッフ

イベントの音響に拘るならそのアーティストが在籍している会社に所属する必要があります。
例えばMr.Childrenが全国ツアーを展開するときは所属事務所であるトイズファクトリーの社員が関わってきます。
トイズファクトリーのPAさん(PAエンジニア)が音響機材の操作をしてライブ会場にあった本質を設定します。

PAエンジニアになるには音楽経験だけでなく、会場に合わせた音響効果や舞台演出による音響効果など多角的な知識が必要になります。

ミュージシャン

そして音楽業界の最も花形的存在はミュージシャン!
資格や学歴などは全く関係なく、ただただ音楽の実力とその人が兼ね備えているポテンシャルが重要な鍵を握る職業。

自分が努力したらなれるものではなく、人から支持されないと長年食べていけない厳しい職業です。
ミュージシャンとして演奏技術をアップするだけでなく、路上で歌ったりコンテストに応募するなど実践の場を多く積むことも必要です。
とにかく自分の音楽を公表していくことで関係者や世間の目を向けることが大切になってきます。

以上、音楽業界に転職する時に考えられる仕事について紹介しました。
音楽業界は多少低迷期に入っていますが一生廃れることのない分野ですので、今後も需要がある仕事という事は間違いないでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

残業が多い業種、少ない業種を検証!そして年間休日が多いのは?

ここでは業種別の残業時間について検証していきます。 また年間休日の多い業種についても併せて見ていきます。 一般的なイメージでは飲食業界の残業の多さがクローズアップされています。 しかし1位は意外な業種がランクイン! その気になる業種とは・・・?

転職さん / 2030 view

ホームヘルパー1級、2級だけじゃ転職が難しい!?介護業界の実態とは!

ホームヘルパーの1級、または2級を有していて、新たに転職しようと考えている方もいるでしょう。 しかし最近ではそれだけではなかなか書類審査に通過しにくくなっているのが現状です。新たにどのような資格を取得するべきなのか検証していきましょう。

転職エージェントガール / 1450 view

IT業界への転職にあたって仕事内容はどんなものがあるのか

転職市場において、もっとも人材の流動性が高く、求人数が多いのがIT業界です。一言にITといっても様々な職種が存在します。ここでは、求人数の多い順に代表的な職種3つを紹介し、それらの仕事内容の概要を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 1107 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ