主な介護施設とは

お年寄りの方や体が不自由な方を対象に永続的に対応しているのが老人ホームです。
生活援助全般を担当し、朝起きてから寝るまでのケアで食事、排泄、着替え、入浴など生活のすべてを介護してきます。

患者さん一人一人によってどの程度体を動かせるのかなど症状も異なりますから、人によってはベッドから体を起こすとこから必要な患者さんも存在します。
車椅子を使った移動や自動車の乗り降りも補助はないと移動がままならないというお年寄りも少なくありません。

また1日の中で数時間だけ通院するデイサービス介護も最近は増えてきています。
日中は家族や同居人の人がいないので介護できない、ということから日中だけ利用するケースがあります。

デイサービスには入所条件があり、極度の認知症や重度の患者は受け付けていないというところもありますので注意が必要です。
介護士にとっては時間のメリハリがつき、定時で帰宅できるところも多いため体への負担が少ない就職先といわれています。

在宅訪問による介護

完全に自宅でのみ生活している患者さんのケアをするのが在宅介護です。
在宅介護をする時は体の自由が効かない患者さんも多数います。中には末期ガンや重篤な脳梗塞など治療が難しい病を抱えている方も。

そういった方が少しでも楽になれるように体を拭いてあげたり、床ずれを起こした部分のガーゼを取り替えてあげるなど体のちょっとした傷の処置も必要になってきます。
介護士の仕事領域は医療改正もあって広がっていき、今では湿布の張替えや軟膏の塗布、点眼、バイタルチェック、口腔内の清掃なども介護師が対応できるようになっています。

「介護+ちょっとした身体ケア」までが在宅介護では必要になってきます。
最近では座薬の挿入や浣腸、ネブライザー介助といったところまで介護士が対応するケースもあるんだとか!
ただ、看護の仕事ではないので治療に関わる部分は基本的に対応しません。

以上、介護士の仕事内容と仕事先についてご紹介しました。
近年は介護士の許容される仕事の量が増えてきたので、業務が増えて重労働になったという意見も聞かれます。
転職するときは応募先企業にどんな介護をしているのか具体的な仕事内容を聞くのも一つの手段です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

コンサルティング業界へ転職したいけど仕事内容ってどんなもの?

コンサルタントと言えばどこか格好の良いスマートな職業に思われています。このイメージはある意味では的を得ています。頭脳を用いて企業を成功に導き、win-winの関係性を築いていける魅力的な職業です。まずはコンサルティング業界の代表的な職種を紹介しましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 1460 view

第二新卒の転職活動について

転職ということ自体が珍しくなくなった昨今において、若年層で大きな決断をする人も増えてきています。いわゆる第二新卒の枠です。とはいえ、なかなかこの年代の転職について情報が存在しないため、ここではリアルな実状をお伝えします。

現転職エージェントの為になる話 / 908 view

IT業界へ転職した場合の待遇はどうなのか?!

さまざまな業界の中でも特徴的な処遇体系と言われるのがIT業界です。具体的にどのような点が珍しいのでしょうか?ここでは、業界の構造面にも触れながら解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 1429 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ