エリアマネージャーって何?

エリアマネージャーは複数の都市に店舗を構えるチェーン店によくある職種で別名、「店舗管理」や「総括監理」などと呼ばれることもあります。

主な役割は店舗を巡回して接客の指導をしたり、運営面の指導、マネジメントが主な役割。
実際に店舗に立って店員やお客さんの動きを見てどのように動けば円滑に接客できるのか、どのように商品をPRすればよいかなどプロデューサー的な役割があります。

特にアパレル関係や飲食業界でエリアマネージャーが活躍しています。
従業員の教育だけでなく、月間の予算管理、店舗の商品発注やメンテナンスにも関わってきます。

わかりやすく言うと従業員がバンドのメンバーだとしたらエリアマネージャーはプロデューサー(小室哲哉とか小林武史とか)みたいなもんですね。
お客さんと接するのは従業員、それを陰で支えるのがエリアマネージャーという立ち位置です。

エリアマネージャーになるには

エリアマネージャーになるのは一般的に「従業員」⇒「店長」⇒「エリアマネージャー」とステップを踏んでいくケースが多いですが、いきなりエリアマネージャー候補として募集している企業もあります。

かといって運営のノウハウも分からないのにいきなりエリアマネージャーに任されるというわけではありません。
エリアマネージャーと行動を共にするアシスタント業務から始めるのが一般的。

どのような人材育成や教育を行っているのか、店舗のオペレーションにはどのような指示を出すのか身近にいる存在を参考にして、数ヶ月後にエリアマネージャーとして業務を任される形が多いです。

向いている人は、

・広い視野で物事を見れる人
・店長経験がある人
・運営や経理に携わったことがある人
・お客さんの立場になった視野を持てる人
・店舗経営実績がある人
・自動車の免許を持っている人

上記のような経験がある人なら間違いなく向いています。
現在飲食業界でのエリアマネージャーは枯渇気味なので、未経験でも応募可能な求人が数多くあります。
店舗に立つより、店舗を仕切る役割に回りたい人はエリアマネージャーを考えてみても良いかもしれませんね。

以上、エリアマネージャー候補の仕事について調べてみました。
エリアマネージャーは関東地区や関西地区など広いエリアを担当することも多く、出張も頻繁にある仕事です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職時の採用試験で行われる筆記試験や性格適性検査

中途採用に応募する場合、書類選考や面接選考のほかに、筆記試験が行われる場合があります。 特に技術職の場合は必ずと言って良いほど筆記試験が行われ、逆に営業職や医療系、クリエイティブな職種では行われないことが多いです。

転職忍者 / 1907 view

家庭を持つ女性転職者ならではの悩み

女性は働く上で制約が多く、転職の面接では必ず結婚・出産・子育てについて聞かれてしまう。残念ながら、今の日本ではこれらの要因が女性の転職を不利なものにしている。 女性が前向きに転職するために、女性ならではの悩みをどのように解決して行けばいいのだろうか。

Mr.転職エージェント / 1212 view

転職活動をすることでみえた5つのこと

転職活動をしたことがある人はどのくらいいるでしょうか。考えたことはあるが、行動にはうつしたことがない人も多いかもしれませんね。無理やり転職を勧めるわけではありませんが、私が転職活動をやってみて変わったこと、見えてきたことを紹介します。

ママエージェント / 6873 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ