残業が10時間以内の場合

残業が10時間以内であれば体調的にも全く問題ないでしょう。
業務内容によってはむしろ少ない方で問題視されるレベルの残業時間ではありません。
特に製造業やIT系の仕事では月10時間以外の仕事は希少な存在になっています。

残業時間が20時間以内の場合

残業時間が20時間以内でもまだまだ体力的には問題ないでしょう。
月間で20時間近く残業があったとしても、1日に換算すれば残業が1時間あるかどうかといったところ。
しっかりと残業代が支払われるのであれば、むしろ経済的に助かるといった意見もあるぐらいです。

残業時間が30時間以内の場合

このぐらいの残業時間もよくあるレベルと言って良いかもしれません。
求人情報でも普通に「月30時間程度」などと記載されているケースもあるので、珍しい例ではありません。
ただ毎日定時で帰れるわけではないので、自分の時間を大事にしたいという人にはちょっと気になる数値かも。

残業時間が50時間以内の場合

このあたりからちょっと体力的負担も大きくなってきます。
1日2時間残業する日が出てきて、帰りが遅くなってしまうことも・・・。
体調の異変をきたすというレベルではありませんが、ちょっと疲労がたまったりなど体の変化が出やすい時間です。

残業時間が70時間以内の場合

ここまで残業時間が増えるとハッキリ言って多い部類です。
就業時間から時計の針が一周するなんて当たり前。
肉体的にもハードで、引越業界やデザイナー系の仕事でこのぐらいの時間になることがよくあります。

残業時間が80時間以上

健康上も良くないレベルが80時間以上です。
80時間以上になると、いくら仕事が好きな人でもちょっと体調面が心配になるレベル。
定期的に休日やノー残業デーがあればまだましですが、できればこのぐらいの残業は控えたいところです。

以上、残業時間によってどれぐらいの疲労度があるか検証してみました。
ちなみに社員が自殺してしまうなど過労がきっかけで精神疾患になってしまうレベルは月100時間を超えるといわれています。
許容範囲といえる残業時間はせいぜい月に20から30時間程度といったところでしょう。
それ以上になると負担が増えると理解しておきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職後に発覚した失敗、思っていたより仕事がつらかった・・・

転職の失敗は、転職後に発覚するものです。「憧れの職業についたけれど、思ったより仕事がきつかった・・・」、「聞いていたのとは違って、かなりの激務だった・・・」など、思ったより仕事がつらかったという転職者もいます。そうならないためにはどうしたらよいか、お話しましょう。

テンキンマン / 3421 view

家庭を持つ女性転職者ならではの悩み

女性は働く上で制約が多く、転職の面接では必ず結婚・出産・子育てについて聞かれてしまう。残念ながら、今の日本ではこれらの要因が女性の転職を不利なものにしている。 女性が前向きに転職するために、女性ならではの悩みをどのように解決して行けばいいのだろうか。

Mr.転職エージェント / 1095 view

正社員以外の選択肢を選ぶという生き方

サラリーマンであってもOLであっても、正社員の立場で転職したいと思うのは誰しもが同じです。しかし、それだけ狭き門であるのも事実です。そこで、正社員以外の選択肢について吟味してみたいと思います。

現転職エージェントの為になる話 / 1708 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ