残業が10時間以内の場合

残業が10時間以内であれば体調的にも全く問題ないでしょう。
業務内容によってはむしろ少ない方で問題視されるレベルの残業時間ではありません。
特に製造業やIT系の仕事では月10時間以外の仕事は希少な存在になっています。

残業時間が20時間以内の場合

残業時間が20時間以内でもまだまだ体力的には問題ないでしょう。
月間で20時間近く残業があったとしても、1日に換算すれば残業が1時間あるかどうかといったところ。
しっかりと残業代が支払われるのであれば、むしろ経済的に助かるといった意見もあるぐらいです。

残業時間が30時間以内の場合

このぐらいの残業時間もよくあるレベルと言って良いかもしれません。
求人情報でも普通に「月30時間程度」などと記載されているケースもあるので、珍しい例ではありません。
ただ毎日定時で帰れるわけではないので、自分の時間を大事にしたいという人にはちょっと気になる数値かも。

残業時間が50時間以内の場合

このあたりからちょっと体力的負担も大きくなってきます。
1日2時間残業する日が出てきて、帰りが遅くなってしまうことも・・・。
体調の異変をきたすというレベルではありませんが、ちょっと疲労がたまったりなど体の変化が出やすい時間です。

残業時間が70時間以内の場合

ここまで残業時間が増えるとハッキリ言って多い部類です。
就業時間から時計の針が一周するなんて当たり前。
肉体的にもハードで、引越業界やデザイナー系の仕事でこのぐらいの時間になることがよくあります。

残業時間が80時間以上

健康上も良くないレベルが80時間以上です。
80時間以上になると、いくら仕事が好きな人でもちょっと体調面が心配になるレベル。
定期的に休日やノー残業デーがあればまだましですが、できればこのぐらいの残業は控えたいところです。

以上、残業時間によってどれぐらいの疲労度があるか検証してみました。
ちなみに社員が自殺してしまうなど過労がきっかけで精神疾患になってしまうレベルは月100時間を超えるといわれています。
許容範囲といえる残業時間はせいぜい月に20から30時間程度といったところでしょう。
それ以上になると負担が増えると理解しておきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

秋の9月・10月は転職はライバルが少ないってホント!?

転職をする際にできるだけライバルが少ないタイミングで転職活動したほうが内定を得やすいというのは明らかです。ではライバルが少ないタイミングは1年の中でどのタイミングなのでしょうか。理想的な転職の時期とは。

転職エージェントガール / 2096 view

総務省統計局データに見る転職希望者の心の叫び

元転職エージェントのCA2.0でっすごきげんよう。 さて、たまには真面目にデータで読み解く転職の側面でも書こうかと思う。 ソースは総務省統計局の労働力年報が大部分を占める。

CA2.0 / 18346 view

転職イベントのメリット3つをまとめてみた!

大型の会場を貸し切って多くの企業が参加し、企業説明やセミナー、会社案内などをしている転職イベント。面接では聞けないような質問を気軽にすることができ、転職活動をする上で情報収集できると人気を集めています。参加することで得られるメリット3つをご紹介しましょう。

Haruno / 7710 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ