残業代の給料

時間外労働とは、決められた就業時間外の労働時間を指します。
時間外労働の給料は25%以上の割増率と決まっています。

例えば9時から18時までで休憩を1時間挟み、8時間労働の方がいたとします。
18時以降になれば、それは時間外労働に該当します。時間外労働は時給換算に換算して計上します。

例えば1ヶ月160時間働いて基本給が20万円だとします。
これを1時間換算にすると1250円。
仮に1ヶ月で10時間残業したとすると、1ヶ月で1万2,500円です。

そこに25%分の割増料金を加算するので、1ヶ月で1万5,625円の残業代になるはずです。
また深夜労働だとさらに条件が変わり30%以上として計上していることもあるので、労働規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

休日出勤の給料

同じような収入ベースで休日労働をしたとしましょう。
休日出勤だと割増率が35%以上までアップします。
1時間当たり1250円から1687円にアップ!

休日出勤が2日(1日8時間×2=16時間)あったとしたら発生ベースで2万6,992円という計算になります。

休日出勤が2日あればあっという間に数万円規模で給料に反映されていくはずです。
休日は時間外労働という住み分けがないため、休日出勤だと働いている時間すべてが割り増し料金になっているので稼ぎが大きいわけです。

基本は1日8時間の週40時間

就業規則では基本的に1日8時間の労働時間で1週間のトータルは40時間と定められています。
それ以上はすべて時間外での計上になると覚えておきましょう。

タイムカードがない曖昧な就業形態だと、のちのち残業代が未払になった時に請求できる証明となるものが存在しません。
そういった事態に備えパソコンにエクセルでも良いので就業時間をしっかりと入力しておく事も大切です。

以上、残業代について検証しました。
近年、未払いになっている額が多ければ多いほど問題になって業務停止などの措置がされるケースが目立ってきています。
自分の会社でもしっかりと割増賃金として計上されているか確認してみましょう。
ただ企業によっては30分未満は切り捨てて計上していることもあるので注意が必要です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

サービス残業はどのくらいあるの?その実態とは

サービス残業をする企業はどのくらいあるのか徹底調査しました。 サービス残業は紛れもなく違法行為で、賃金不払い残業は社会問題にもなっています。サービス残業が慢性化しているところでは転職を考えた方が良いでしょう。

転職さん / 1355 view

転職にハローワークを利用するという選択肢

ハローワークの存在はご存じでしょうか。転職活動の際にハローワークの求人や職業訓練を利用することも一つの手です。

ママエージェント / 1950 view

転職者必見!平均勤続年数が長い企業とは?

転職する時は待遇面や職場環境など様々なところを考慮して決めるかと思いますが、その企業がどれだけ従業員から好かれているのかの目安になるのが平均勤続年数。 「給料をしっかりもらえる」、「職場の人もみんな優しい」など仕事面でストレスが溜まらなければそれだけ長く勤める人も多いでしょう。

転職さん / 3349 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ