残業代の給料

時間外労働とは、決められた就業時間外の労働時間を指します。
時間外労働の給料は25%以上の割増率と決まっています。

例えば9時から18時までで休憩を1時間挟み、8時間労働の方がいたとします。
18時以降になれば、それは時間外労働に該当します。時間外労働は時給換算に換算して計上します。

例えば1ヶ月160時間働いて基本給が20万円だとします。
これを1時間換算にすると1250円。
仮に1ヶ月で10時間残業したとすると、1ヶ月で1万2,500円です。

そこに25%分の割増料金を加算するので、1ヶ月で1万5,625円の残業代になるはずです。
また深夜労働だとさらに条件が変わり30%以上として計上していることもあるので、労働規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

休日出勤の給料

同じような収入ベースで休日労働をしたとしましょう。
休日出勤だと割増率が35%以上までアップします。
1時間当たり1250円から1687円にアップ!

休日出勤が2日(1日8時間×2=16時間)あったとしたら発生ベースで2万6,992円という計算になります。

休日出勤が2日あればあっという間に数万円規模で給料に反映されていくはずです。
休日は時間外労働という住み分けがないため、休日出勤だと働いている時間すべてが割り増し料金になっているので稼ぎが大きいわけです。

基本は1日8時間の週40時間

就業規則では基本的に1日8時間の労働時間で1週間のトータルは40時間と定められています。
それ以上はすべて時間外での計上になると覚えておきましょう。

タイムカードがない曖昧な就業形態だと、のちのち残業代が未払になった時に請求できる証明となるものが存在しません。
そういった事態に備えパソコンにエクセルでも良いので就業時間をしっかりと入力しておく事も大切です。

以上、残業代について検証しました。
近年、未払いになっている額が多ければ多いほど問題になって業務停止などの措置がされるケースが目立ってきています。
自分の会社でもしっかりと割増賃金として計上されているか確認してみましょう。
ただ企業によっては30分未満は切り捨てて計上していることもあるので注意が必要です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

前職の給料はしっかりと申告すべき!?ウソは見破られる?

前職の給料について面接でしっかりと申告すべきか検証していきます。 企業によっては「前職の給料を考慮」と記載されている求人募集があります。 そうなると「ちょっと高めの給料を伝えておいて高い報酬をゲットしたい」という考えが生まれることも。 ここでは前職の給料の伝え方について述べていきます!

転職さん / 9981 view

ハイクラスの転職について

転職の花形的なポジションとして位置づけられているのがヘッドハンティングに代表されるハイクラス求人です。主に部長級や役員を募集しているケースが多いのですが、中には上級のテクニカルエンジニアやM&Aの仕掛け人なども募集しています。多くの人にとっては夢のまた夢かもしれませんが、少しだけ裏側を覗いてみましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 8771 view

都内で働くなら独身寮?驚きのコストとは

地方から都内に引っ越して転職活動を行っている方も多いでしょう。その時に住まい探しで困るという声が聞かれます。都内ではワンルームを借りるだけで8万前後が相場。それに駐車場をつけてしまうと10万円を超えてしまうことも。そんな方に人気があるのが独身寮を完備した企業です。

転職エージェントガール / 1348 view

関連するキーワード

転職さん

転職に関するお仕事をしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ