スカウトメールは「スカウト」ではない

直訳すると「スカウト=勧誘」になりますが、転職サイトのスカウトは意味合いが違います。

勧誘というよりも応募喚起しているだけです。
とにかくいろんな人から厳選したいという企業側の思惑があるだけです。

特にスカウトメールが届きやすいのは営業、飲食関係。
共通するのは人員不足に陥っている企業が多いということ。
営業や飲食関係は未経験でも募集しているところがほとんどです。むしろ経験者のみ採用となってしまったら募集すら大して集まらないでしょう。

営業はどの企業でも必ず必要とされる部署です。
一方、飲食関係は離職率が非常に高く、年中人員補充をしている職種です。
この2つの職種からのスカウトメールは興味がない限り、スルーして良いでしょう。
テンプレートの文章を転職活動中の人にバンバン送りつけているのが現状です。

注目すべきはプライベートオファー!

プライベートオファーはその人のスキルや実績をしっかりと確認して送られているメールです。(プライベートオファーという呼び名はリクナビNEXTの呼び方なので他では異なるケースがあります。)

ただしプライベートオファーも決して内定確約というものではありません。
あえてメリットを言うなら書類審査に通過しているというくらいでしょう。
他の書類審査通過者と同じように面接がありますし、同じように審査されます。
その結果落ちてしまうということも十分考えられます。

ただしプライベートオファーはやはりその人の能力を見込んでオファーしているわけですから、誰にでも届くメールではありません。
プライベートオファーをした企業も採用について前向きに考えている可能性がありますので積極的に応募してみるのも良いでしょう。

ただ実際のところプライベートオファーにも自動化したものと、本気でオファーをしている2つのケースがあります。
自動化している場合は個人の経歴に触れず誰にでも送れるようなメール内容になっています。

逆に個人の経歴に触れてその人にしか送れないメールの場合は本当のオファーの可能性が高いです。
しっかりと見極めて返信するかの判断をしていきましょう!

以上、転職サイトで企業から届くメールの対応について紹介しました。
最初はどんな人でもメールが来て舞い上がってしまいますが、その実態は誰にでも送っているメールの可能性もありますので、冷静になって対処することが必要です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職後に発覚した失敗、思っていたより仕事がつらかった・・・

転職の失敗は、転職後に発覚するものです。「憧れの職業についたけれど、思ったより仕事がきつかった・・・」、「聞いていたのとは違って、かなりの激務だった・・・」など、思ったより仕事がつらかったという転職者もいます。そうならないためにはどうしたらよいか、お話しましょう。

テンキンマン / 3517 view

転職するのに良い雇用情勢とは

ここでは転職するタイミングを考えたときに、どんな雇用情勢だと転職しやすいのか検証しました。 失業率が減ってきても有効求人倍率があまり上がっていなければ転職が難しい状況といえます。 過去の推移や今後の予想も視野に入れながら紹介していきましょう!

キャリアエージェント / 916 view

面接前に筆記試験があり、心配な人が参考になる情報

面接前に筆記試験があり、それを心配している人も多いです。 「私は一般常識がないし、緊張して力が出せない・・・」なんて声も。 ただ筆記試験は学生の試験とは違い、何点以上が合格という明白なものはありません。 あくまでも基礎テストのような感覚なので、そこまで心配する必要はないでしょう。

転職エージェントガール / 828 view

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ