転職回数の多さをどう伝える?

転職は年齢にもよりますが、4回以上になってくるとちょっと多い印象を与えます。
転職回数の多さを指摘された時、「何をしてもなぜ長続きしない人」と思われてしまうのが最も良くないことです。

それを回避するには予め人生設計の中で必要な経験だったというようなニュアンスで伝えると効果的です。

例えば若いときは製造業や運送業、引越し業務に携わっていて今回が4回目の転職だとします。
そこで転職回数の多さを質問された時に、

「20代はとにかく体を使って今だから出来る仕事をやりたいと思っていました。そして多少きつくてもとにかく資金を集めて仕事を探していました。家をいち早く買いたいという夢があったからです。
そして30代に入ってからは仕事の楽しさを感じられる職業に就きたいと考え、御社を希望しました。
今まで様々な分野の仕事に就いてきたことで人とのコミニケーション能力や見識も身についたと思います。
そういった自分の能力を生かして今後は営業職として従事していきたいと考えています。」

このように行き当たりばったりで転職したというニュアンスではなく、将来設計を考えて転職してきたと伝えれば、決してマイナスな印象は与えないはずです。

ブランクの長さはこのように解決!

ブランクの期間に何をしていたのか、というところがやはり面接官は気になります。
そこを埋めるには嘘の就業経験を言うわけにいきません。
そんなときに使える方法はスクールや職業訓練所、資格取得に時間を割いていたという意見。

このようなものは職務経歴書に記載できるものではないですが、空白期間を埋める良い「言い訳」にはなります。

ただ何もしていないとその嘘もバレてしまうので、できればこういったものに時間を割いて勉強してきたことを伝えましょう。
仮に3ヶ月しか勉強していなくても、「半年間勉強してきた」と伝えたところで面接官にはわからないことです。
自分のキャリアのプラスになるような過ごし方をしてきたと伝えましょう。

アルバイト期間が長すぎる場合

例えば高校や大学を卒業して20代後半まで正社員としての経験がないと不利に働いてしまいますね。
しかしアルバイトでも正社員に負けないぐらいの経験をしている方もいます。
普通のアルバイト店員にはない経験や店長とのコミニケーション能力などを詳しく述べて、仕事の姿勢を明確に打ち出しましょう。

「なんとなくやりたいことが無くてこの歳まできた」ということが本音でも、あえて正直にそれを言う必要はありません。

回答例としては、

「アルバイトの方が時間があり勉強する時間もあったので独学で勉強しつつ、転職の機会を伺っていた」

「今まではアルバイト生活でしたが、ようやく自分の将来図を描くことができて、それに向かって頑張っているところです。」

「アルバイトとはいえ1日8時間働いていたので、正社員と変わらないような業務をこなしていました。ただ将来的なことを考えると正社員としての方が魅力も多く、このたび転職をしたいと思い応募させていただきました。」

上記のように過去の事をぶり返すようなことはできるだけ控えて、将来的な展望や希望を伝えた方が前向きな気持ちが伝わります。

以上、自分にとって不利な点を面接でうまく伝える方法をご紹介しました。
過去のことはそこまで明確に答えず、将来的なやりたいことや希望を伝えてマイナスのイメージを払拭しましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職面接の身だしなみチェック~女性スーツ編~

女性の転職面接用スーツのポイントは何と言っても「リクルートスーツっぽくならないこと」です。転職用スーツを揃えると何かとお金がかかってしまいますが、うまくやりくりできる方法もありますので、ご紹介します。

転職SE / 11559 view

面接の回答例を自分流にアレンジしちゃおう!

面接では、よく聞かれる質問があります。 それを考慮して、今では世の中に多数の回答例サンプルがありますね。 ただそのままテンプレートを使ってしまうと、面接官の心に響きにくいケースも・・・。 ここではテンプレートを使いつつも自分流にアレンジした回答例をご紹介しましょう!

転職さん / 3798 view

仕事しながらの転職活動は面接のスケジューリングが難しい

転職とは人生の中で最も大事な決断の一つだが、残念ながら失敗してしまうこともある。 ここでは、仕事しながらの転職活動でとても大事な「面接のスケジューリング」について話しておこう。 仕事を続けながら転職する予定の人は、ぜひ参考にして欲しい。

Mr.転職エージェント / 2589 view

関連するキーワード

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ