企業の筆記試験はどんなものがある?

企業の筆記試験はそれぞれですが、一般教養を確かめる問題、時事問題、論文、業界に関する問題などが多いです。
専門的な仕事の場合は、その基本的なスキルはあるのか確認する意味合いが強いです。

例えばシステムエンジニアやプログラマーなら「プログラミングに関する問題」や「JAVAの記述問題」などが出題されることがあります。

他にも外資系の仕事なら英語やフランス語に関する問題、営業や接客業などは一般教養や論文で力を試されることが多くなっています。

これらは専門書籍を一つ購入して基礎知識を勉強する程度で十分でしょう。
企業によって必要な能力が違うので、それに見合った知識量が試されます。

具体的にどんな問題があるのか見ていこう!

企業の筆記試験は「SPI」を行うケースが多いです。
SPIとは「総合的な適正を試す」という意味で、普通に学校の問題のようなテストもあれば、作業の丁寧さや深層心理を解く問題など様々。

性格面と能力面の両方の検証を行うものです。
具体的な質問は、下記のようなものがあります。

・アメリカの大統領選挙によって選出された人物の名前を記入せよ。
・アナタが考える待機児童問題の解消方法とは?
・百貨店で閉鎖する店舗が増えているのはなぜか?
・熟語の反対語を漢字で記入せよ。
・イラストを見て、作業に必要と思うものをピックアップせよ。
・このことわざと同意語を選択せよ。

上記のように特に時事問題や一般常識の問題は多くなっています。
最新のニュースをチェックして日ごろから関心を寄せるようにしたいですね。

性格を診断する意味合いも

単純に学力や能力テストだけでなく、性格診断テストの意味合いがあるケースもあります。

・責任感や協調性はあるのか
・交渉力がどれぐらいあるのか
・将来への成長意欲はどれぐらい持っているのか

という精神面のチェックをする問題があります。
これはその場で答えられるような○×問題も多いので、特に勉強していく必要はないでしょう。

例えば、

「自分には常識にとらわれず自分のこだわりを遂行する人間か」
「作業量の配分に差があると感じた場合、それを上司に報告するか」

上記のようにシチュエーションによってどんな行動を起こすのか分析することで、その職種に向いているか判断する企業もあります。

以上、筆記試験が心配な人に参考になる情報を紹介しました。
100%勉強に関する問題ではないので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

最低給与額はどんな人がなってしまうの?

よく求人広告を見ていると給与形態のところに「18万円〜」、「20万円〜」、「25万円〜」などの記載がされているケースがありますね。 「最高月収40万円」などと記載されていると変な期待を抱いてしまいますね。 ここでは最低給与額はどのように決まるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 1366 view

地域格差は10万円以上!?地域別平均月収とは?

地域によって月収の格差は10万円を超え、さらに広がっているケースもあります。ただ月収が安くても物価指数などを考えれば生活しやすいケースも。ここでは地域別にどれぐらいの月収格差があるのかご紹介していきましょう。

Haruno / 4529 view

転職サイトで求人情報を見る時の大切なポイント

たくさんの時間をかけて見つけた求人に応募したのに、応募した後に改めて求人情報を見てみると見落としていたことがあり、応募しなければよかったという経験をした方もいるのではないでしょうか。このようなことがないように求人情報を見る際の主なポイントをご紹介します。

転職アタッカー / 862 view

関連するキーワード

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ