企業の筆記試験はどんなものがある?

企業の筆記試験はそれぞれですが、一般教養を確かめる問題、時事問題、論文、業界に関する問題などが多いです。
専門的な仕事の場合は、その基本的なスキルはあるのか確認する意味合いが強いです。

例えばシステムエンジニアやプログラマーなら「プログラミングに関する問題」や「JAVAの記述問題」などが出題されることがあります。

他にも外資系の仕事なら英語やフランス語に関する問題、営業や接客業などは一般教養や論文で力を試されることが多くなっています。

これらは専門書籍を一つ購入して基礎知識を勉強する程度で十分でしょう。
企業によって必要な能力が違うので、それに見合った知識量が試されます。

具体的にどんな問題があるのか見ていこう!

企業の筆記試験は「SPI」を行うケースが多いです。
SPIとは「総合的な適正を試す」という意味で、普通に学校の問題のようなテストもあれば、作業の丁寧さや深層心理を解く問題など様々。

性格面と能力面の両方の検証を行うものです。
具体的な質問は、下記のようなものがあります。

・アメリカの大統領選挙によって選出された人物の名前を記入せよ。
・アナタが考える待機児童問題の解消方法とは?
・百貨店で閉鎖する店舗が増えているのはなぜか?
・熟語の反対語を漢字で記入せよ。
・イラストを見て、作業に必要と思うものをピックアップせよ。
・このことわざと同意語を選択せよ。

上記のように特に時事問題や一般常識の問題は多くなっています。
最新のニュースをチェックして日ごろから関心を寄せるようにしたいですね。

性格を診断する意味合いも

単純に学力や能力テストだけでなく、性格診断テストの意味合いがあるケースもあります。

・責任感や協調性はあるのか
・交渉力がどれぐらいあるのか
・将来への成長意欲はどれぐらい持っているのか

という精神面のチェックをする問題があります。
これはその場で答えられるような○×問題も多いので、特に勉強していく必要はないでしょう。

例えば、

「自分には常識にとらわれず自分のこだわりを遂行する人間か」
「作業量の配分に差があると感じた場合、それを上司に報告するか」

上記のようにシチュエーションによってどんな行動を起こすのか分析することで、その職種に向いているか判断する企業もあります。

以上、筆記試験が心配な人に参考になる情報を紹介しました。
100%勉強に関する問題ではないので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

中高年の転職はいばらの道・・・?中高年に必要とされている3つの能力とは?

40代、50代の転職活動は、若い世代の転職と比べると確かにいばらの道である。しかし、必ずしもそうとは言えない。実務経験だけではなく、中高年にしか出せない技があるはず。中高年になってからの戦い方と言うものがあるので、それをご紹介しよう。

Mr.転職エージェント / 1911 view

転職イベントのメリット3つをまとめてみた!

大型の会場を貸し切って多くの企業が参加し、企業説明やセミナー、会社案内などをしている転職イベント。面接では聞けないような質問を気軽にすることができ、転職活動をする上で情報収集できると人気を集めています。参加することで得られるメリット3つをご紹介しましょう。

Haruno / 7071 view

耐えられる残業時間ってどれくらい?一般的な目安とは

ここでは残業時間によってどれぐらいの疲労度や苦痛があるのか検証してみました。 もちろん人によって残業が苦にならない人もいれば、体調に異変をきたしてしまう人など様々いまうs。 あくまでも一般論として紹介していくので、参考程度に留めておいてくださいね!

転職さん / 4159 view

関連するキーワード

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ