マイナビエージェントの場合

マイナビエージェントは日曜は面談不可です。
土曜日も10時から5時までとなっているので、平日より時間が短いです。

JACリクルートメントの場合

JACリクルートメントは日曜は面談不可です。
土曜日は面談が可能ですが、エージェントが休みの時もあり、前回対応した人とは違うケースがあります。

リクルートエージェントの場合

リクルートエージェントは土日対応可能。
平日は忙しい人も多いので土日両方とも面談できるのは嬉しいですね。

ワークポートの場合

ワークポートも土日の対応が可能。
しかも平日は22時まで対応しているということで幅広い対応が可能な転職エージェントになっています。

typeの場合

typeは土曜のみで日曜は不可。
平日は19時45分までですが、土曜日は18時30分までとなっています。

忙しくてなかなか登録に行けない人はワークポートがおすすめ!

上記紹介したように土曜日は営業しているところが多いですが、日曜になると営業していないところも多いです。
そんな中、土日も営業していて、しかも平日も夜遅くまで対応しているのがワークポート!

マイナビやリクナビほどメジャーな転職エージェントではありませんが、就活をする時にまだ在職中という方を意識した転職エージェントになっているので、利便性の良い登録形態となっています。

求人数も常時1万5,000件を超えているので、まずまずの規模を誇る転職サービスと言えるでしょう。

メジャーなところならリクルートエージェント

土日も営業していて、求人数も充実した大手のところが良い人は、リクルートエージェントがお勧めです。

公開求人が2万件以上、非公開求人に関しては12万件以上があり、膨大な求人数が魅力の転職サービスです。

また、こちらの転職エージェントは変に若すぎるキャリアアドバイザーではないので、30代や40代でも気軽に相談できる点がメリット。
同年代と話し合いながら転職を共に実現しようという意気込みが感じられるので、安心感が他よりも1枚も2枚も上といった感じです。

以上、土日でも登録できる転職サービスについて紹介しました。
働いている人を気遣って土日も営業しているのかと思いきや、意外と日曜日休みのところが多いですね。
登録しやすい転職エージェントを選んでみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントの正しい選び方

転職活動を行う中で、転職エージェントの存在はとても大きいものです。非公開の求人を教えてくれたり、中には面接指導や、面接が決まった企業の詳細なども教えてくれます。しかし、大手転職エージェントをはじめ、数多く存在する転職エージェント。その賢い利用方法をご案内します。

ママエージェント / 85749 view

転職エージェントから仕事を紹介された時の断り方

最近の日本はとにかく不景気なので、なかなか自分一人の力では希望する仕事を見つけることが出来ないという現状になっている人が多いので、転職エージェントと共に活動する事は必須と言えますが、万が一気に入らない求人を紹介された時等はどうすれば良いのでしょうか。

転職忍者 / 106155 view

転職エージェントの裏側 -求人票の作成編-

新規開拓の営業活動が実りを結び、晴れて転職エージェントを活用してもらう企業が見つかりました。そのあとは求人票の作成に取り掛かります。実際に応募者の目に触れる求人票、具体的にどのように作成を進めていくのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 6096 view

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ