JACリクルートメントの強み

JACリクルートメントは20人以上のコンサルタントが在籍していますが、特に金融業界に詳しい人がたくさん在籍しています。

例えば元証券マンだったり、保険会社に勤めていたりなど。
JACリクルートメントと提携している業種は銀行、証券、保険、コンサルティングファーム、リース・ノンバンク、M&A・ファンドが多くなっています。

この分野で転職を考えている人はぜひ登録しておきたい転職サービスの一つです。

具体的にどんな求人がある?

JACリクルートメントで公開されている求人には下記のようなものがあります。

・コンピューター関連の金融システム運営
・プロジェクトリーダー
・金融セキリュティシステムの開発や導入
・M&Aファイナンス(銀行におけるファイナンス業務)
・海外営業(M&A、PMIコンサルテーション業務)
・金融事業法人営業(証券会社におけるカバレッジバンカー経験)
・不動産ファイナンス(海外の不動産を対象とした提携管理)
・海外経営企画(海外拠点の管理業務)

このように金融業界や外資系企業のシステム管理、あるいは営業系の仕事が多くなっています。

いずれもビジネスレベルの英会話力を求められ、さらに海外企業の資産管理業務などに携わった方が重宝されています。
経験者を求める傾向が強いので、ある程度のキャリアがないと応募するのは難しいかもしれません。

JACリクルートメントはこんな人が在籍

例えば自分より経験の浅い人が転職の仲介役となっては不安がつきまといますね。
しかしJACリクルートメントのコンサルタントは全員がネイティブスピーカーやバイリンガルなど語学で堪能な人ばかり。

そしていずれも提携している海外事業所と密にコンタクトを取り、外資系企業の風土や事業について把握している人ばかりです。
いわゆる普通の転職アドバイザーとはワケが違います。

企業のバックボーンを理解したエージェントが多数在籍し、外資系企業や金融業界へ転職を考えている方の橋渡し的存在となっています。

以上、金融業界に強みを持っている転職サービスについて紹介しました。
単純に求人数で判断するのではなく、最適な企業を紹介できるだけのノウハウがある転職サービスなのかも判断材料とすべきでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントに登録できないケースがあるってホント?

転職エージェントにはマイナビエージェントやリクルートエージェントなど多種多様な会社がありますが、中には登録さえ断られてしまうケースもあります。 具体的にどんなケースで断られてしまうのか見ていきましょう。

Haruno / 893 view

転職エージェントのここだけの裏話とは

転職エージェントは登録者に親身になって転職を支援してくれるサービスですが、実は転職エージェント側にはある一定のルールが存在します。全ての応募者に平等に接しているかというと、そうではないんです! 転職エージェントの裏側に迫っていきましょう。

転職さん / 698 view

ブラックな転職エージェントは存在するのか検証!

ブラックかどうかを判断するのは難しい部分がありますが、とにかく金儲けに走っていると感じる転職エージェントは応募者にとってデメリットとなるケースも考えられます。 ブラックな転職エージェントに登録しないためにはどんなポイントをチェックすべきか検証していきましょう。

転職さん / 552 view

転職エージェントガール

某転職エージェント勤務。
転職エージェントという仕事を選んでよかったと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ