転職の仕方が違う

マイナビ転職はWEB上に掲載された求人を自分でチェックして直接企業に応募します。
マイナビエージェントは求人を見て自分が直接応募することはありません。

キャリアコンサルタントに希望の条件を伝えてそれに合った案件を紹介してもらいます。
応募したいと思えばキャリアコンサルタントにその旨を伝えるだけです。
書類の作成や応募はすべて代行して行ってくれます。

その他の違いでは、マイナビ転職は未経験可の求人も多数あること。
一方、マイナビエージェントは社会経験がある方を中心とした求人です。

未経験者に関する求人が全くないわけではありませんが、実務経験者を優遇する形態になっているため、未経験だと就職に苦労する可能性があります。

非公開求人はマイナビエージェントのみ

マイナビ転職は非公開求人は存在しません。
非公開求人は人材を紹介をするマイナビエージェントのみとなっています。

非公開にする企業はどんな条件で求人を出しているのか知られたくないという思惑があります。

求人数の違いは

時期により異なりますが、マイナビ転職だと7,l000件から1万件程度の求人数、マイナビエージェントだと非公開求人と合わせれば2万件以上の求人数が常時保有されています。
求人数で比較するとマイナビエージェントに軍配が上がりますね。

少しでも実務経験があればマイナビエージェントに登録したほうが良いでしょう。
自分が採用されやすい案件を紹介してもらえるので、内定率を重視して転職活動をするならマイナビエージェントのほうがお勧めです。

マイナビ転職だと支援してくれない?

マイナビ転職だと「ウェブの履歴書添削サービス」などはありますが、仲介役となって転職支援することはありません。

また登録時に内容確認の連絡が来ることがありますが、それも転職支援ではないので実質的には最初から最後まで1人で転職活動をすることになります。

スカウトメールを受けたり、転職に役立つノウハウを学ぶことこそできるもの、実際にマイナビ転職のスタッフが間に入って支援することはありません。

以上、マイナビ転職とマイナビエージェントの違いについて紹介しました。
転職のタイミングを相談したり、自分にとってメリットのある企業を見つけ出したいというときはマイナビエージェントの方がお勧めです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

総務省統計局データに見る転職希望者の心の叫び

元転職エージェントのCA2.0でっすごきげんよう。 さて、たまには真面目にデータで読み解く転職の側面でも書こうかと思う。 ソースは総務省統計局の労働力年報が大部分を占める。

CA2.0 / 2901 view

会社が大きいほど離職率が低いってホント?

みなさんは会社の規模に応じて離職率が異なることをご存知でしょうか。 厚生労働省では従業員の人数別離職率を算出しています。どのぐらいの規模になってくると、離職率は低下していくのか検証してみましょう。転職の際、1つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

転職さん / 3404 view

女性従業員で管理職の人はどれぐらいいるの?

ここでは女性従業員の管理職比率について紹介していきます。 女性の社会進出が著しいと叫ばれる昨今ですが、実際、会社で女性が指示をしたり、グループを引っ張っている人はどれぐらいいるのでしょうか。 女性従業員の管理職比率をまとめました!

キャリアエージェント / 734 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ