掛け持ちしている人ってどれぐらいいるの?

転職大手のリクナビNEXTが転職活動している人に「転職エージェントは何社登録していますか?」というアンケートをしたところ、平均が「2.1社」との回答が得られています。

そして転職が決定した人に限定すると4.2社まで跳ね上がります。
つまり掛け持ちは、もはや当たり前で内定を得られた人ほど利用社数が多くなっていることがわかります。

転職エージェント側としては、本当なら転職活動中の人に弊社に専念して欲しいという気持ちがあるはずですが、このようなデータを発表していることからも間違いなく掛け持ちしている人のほうが多いということが言えそうです。

転職エージェントを掛け持ちする時の注意点とは

転職エージェントを掛け持ちするときは随時進捗状況を伝えて、転職エージェント側に自分の希望や状況を把握させておくことが大切です。

例えば、

「他社で、すでに職務経歴書や履歴書の提出を終え、すでに1社応募している段階です。」

「もう一つの企業は登録までは済ませましたが、希望案件がなかったので仕事を待っている状態です。」

上記伝えた方が転職エージェント側もあなたの状況をよく理解してくれます。
その際、実際に応募した企業も聞かれたら答えてしまって良いでしょう。

仮に応募していた企業が被ってしまっても問題ありませんが、同じような情報が応募企業に伝えられるだけなので時間のロスになってしまう可能性があります。

ただ伝えてしまって悪いということはありません。
中には仕事が遅く、希望している企業に紹介するのが遅い転職エージェントもあります。

自分でも進捗をしっかり管理する

掛け持ちする際の注意点は管理です。
下記は手帳や携帯のアプリ、パソコンなどに入力して自分自身でも常に把握できる状態にしておきましょう。

・現在どの転職エージェントに登録しているのか
・現在何社応募しているのか
・どの企業から返事待ちの状態になっているのか
・面接日はいつになっているのか
・面接結果はいつになっているのか

そしてもし内定通知を受け取ったら、その情報は他社の転職エージェントに伝えて円滑に終了するようにしましょう。
伝えないといつまでもメールの連絡や電話が来て、ちょっと面倒に感じるケースもあります。

また次回、もし転職エージェントを利用する時に悪い印象で終わってしまうと利用しづらくなってしまうので注意が必要です。

以上、転職エージェントの掛け持ちについて紹介しました。
転職エージェントの掛け持ちは一般化していて、当たり前のように登録者は行っていますので遠慮なく複数社登録していきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

総務省統計局データに見る転職希望者の心の叫び

元転職エージェントのCA2.0でっすごきげんよう。 さて、たまには真面目にデータで読み解く転職の側面でも書こうかと思う。 ソースは総務省統計局の労働力年報が大部分を占める。

CA2.0 / 2901 view

転職の際、会社の選び方が分からない人はこれを読め!

転職してもすぐに仕事を辞めてしまい職を転々としていて、「もう会社の選び方がわからない」という人はなぜ退職してしまうのか、その理由を洗い出すことが大切です。 それによって新たにやりたい仕事や環境が見えてくるでしょう。

転職さん / 6692 view

フリーターからの転職は最低賃金を確認せよ!

フリーターからの転職となると、なかなか内定をもらうだけでも一苦労ですね。 そんな時、ひょっとしたら足元を見られて最低賃金が守られていない可能性もあるかもしれません。 最低賃金制度を理解し、自分の給料がそれに該当していないかチェックしましょう。

転職エージェントガール / 1151 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ