① 嫌いな上司や同僚がいる!

嫌いな上司や同僚がいるとそれだけで会社に行くのが嫌になってしまいますね。
ここでポイントなのはその状況を回避できる可能性があるかどうか。

例えば同僚に合わない人がいて、上司に相談することで違う部署やグループに異動することが可能ならば相談してみると良いでしょう。

逆に上司が嫌な人だとちょっと大変です。
誰かに相談したくても、なかなか解決できる状況ではありませんからね。

しかし上司の場合は他の支社に異動したり、年配なら定年退職という可能性もあります。
過去に異動が頻繁に行われていたかもチェックし、その上司が今後いなくなる可能性があるのかどうかチェックしてみましょう。

② 給料が一向に上がらない

給料が上がらないのも転職の大きな理由ですね。
ただ自分の経歴や同業他社と比較してどれぐらいの差があるのか把握してから検討しましょう。

まだ実務経験が2、3年程度であれば昇給を期待するのは早いかもしれません。
また同業他社の同年代がどれぐらいの年収かも調べておきましょう。

そしてもう一つは業界全体の売り上げ。
もし低迷期に入っている業界なら転職をしたところで大して変わらない可能性があります。
浮き沈みの激しい業界なら一喜一憂せず様子を見る期間も必要です。

仕事が単調過ぎる

仕事があまりにも単調すぎたり、簡単なものだけだと不安を感じて転職を希望する人がいます。

・もっとキャリアアップしたい
・今のままだと能力が衰えていく感じがする
・もっとやりがいのある仕事に転職したい

上記のようなことを感じれば転職を検討しても良いですが、その前に考えておきたいことがあります。
それは「今後の方針や自分の考えが通るかどうか」です!

例えば、

「実店舗だけでなくもっとネット販売にも力を入れていきましょう!」
「製造だけでなく販売、輸送にも力を入れて全体を統括できるような状況にしていきましょう。」

上記のように環境の変化を会社が受け入れてくれるようなら転職はちょっと考え直す必要がありそうです。

以上、転職を決断する3つの理由について紹介しました。
上記環境で一向に改善できるようなら、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

現転職エージェントが紹介する実際にあった退職理由 -金融業界編-

次は金融業界に勤めていた人が実際に語った退職するまでの経緯を紹介します。一見華やかな金融業界ですが、非常に地味で真面目な業界であるということがエピソードからわかります。

現転職エージェントの為になる話 / 1204 view

ネガティブな退職理由を劇的に変えちゃう裏技とは!?

転職する際、面接で前職の退職理由を聞かれる時があります。 この質問は結構困るんですよね。なぜならネガティブなものが多いから。 「自分の可能性を試したい!」なんてほとんど嘘。 本当は「前の会社がただ嫌だったから」という人が大半なんです。それを劇的に良い言い訳にする方法を教えましょう!

転職さん / 3458 view

現転職エージェントが紹介する実際にあった退職理由 -エンジニア編-

退職理由は現職への不満とステップアップの2種類に大別されますが、実際に退職に至るまでの経緯は人によって様々です。どのような心情を経て決意するのかを実際の経験談をもとに紹介したいと思います。ご紹介するのはエンジニアの方の退職経緯です。

現転職エージェントの為になる話 / 23439 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ