IT関係は引き抜かれやすい?

ヘッドハンティングされやすい業種の一つに、IT関係があります。
近年はその数も若干減ってきたように感じますが、インターネットが普及し始めた1990年代後半には大手企業に勤める人材が数多く、ヘッドハンティングされていったという背景があります。

例えば@niftyで有名なニフティの社員が他の情報通信業者に引き抜かれていった、というのはその業界では有名な話です。

専門知識を持った人を補充出来れば一気に会社の力が上がります。
特に新規開拓された業界ほどヘッドハンティングされやすい状況があると言えます。

同僚の伝手を頼ってヘッドハンティングされることも!

ヘッドハンティングは、情報が流失してそれをきっかけにヘッドハンティングされることがあります。

例えばヘッドハンティングされた人が、

「前職でこんなことできる○○さんという社員がいたんです。その人は情報通信技術に関して非常に理解のある人でした。」

などの推薦によってヘッドハンティングされることもあります。

中には普通の営業職でヘッドハンティングされることも

基本的には力を持った人物に対してヘッドハンティングが行われることが多いですが、営業で他社と交流が増え、気に入られてヘッドハンティングされることもあります。

その場合は勤めている企業に電話が入り、該当者を呼んでもらい、企業の説明をしてあわよくば面接までこぎつけるという手法を取ることもあります。

転職エージェントを経由することも

企業から企業に直接引き抜きを行おうとすると当然、提携関係にあったクライアントは怒ってしまうでしょう。

そうならないために第三者である転職エージェントを経由してヘッドハンティングを行うこともあります。
その場合は個人に連絡し、興味がないか確かめたりします。

以上、ヘッドハンティングの実態についてご紹介しました。
ヘッドハンティングされやすいのは、やはり外部との交流がある業種。
特定の業務に従事する製造業や公務員、建築業などはヘッドハンティングされにくい業種と言えるでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職は何回ぐらいしていると多いと思われる?

転職回数は多ければ多いほど、あまり良い印象を与えない可能性が高いです。 しかしスキルの向上に伴い、高みを望んだ結果、転職回数が増えたのなら悪い影響はないでしょう。 その場合はしっかりとした成果や経歴が示せれば問題ありません。

転職さん / 1856 view

勘違いしやすい求人情報の用語とは

求人情報を見ていると曖昧な表現で記載されている用語があります。 「入社後に思ったような環境ではなかった」ということにならないようにしっかりと用語の意味を理解しておきましょう。 ここでは間違えやすい用語や略語についてピックアップしてきます。

転職さん / 1449 view

SPIや適性検査で不採用にならない為に、転職活動における筆記試験の対策

転職活動とはいえども、筆記試験は存在します。基本的には人物本位で経歴重視と言われるものの、筆記試験を甘く見てかかると思わぬ落とし穴にはまってしまいます。ここできちんと筆記試験の中身を把握し、適切な対策を施しましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 4273 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ