自分の希望にマッチしない案件ばかり紹介する

最初に自分の条件を伝えたはずなのに、条件がマッチしないものばかりで紹介する転職エージェントも存在します。
自分の希望条件があまりにも狭すぎるとそういったケースも考えられますが、ある程度広く条件を設定しているはずなのに頻繁に希望しない案件を連絡をしてくる担当者は、転職活動の能率を下げてしまうので変更してもらうと良いでしょう。

対応が遅い

問い合わせた内容にすぐに返事がもらえなかったり、あるいは忘れてしまっていて返答を得られないことなどもあります。

そういった転職エージェントに当たってしまったら交代を要求するか、あるいは違う転職エージェントで転職活動した方が良いでしょう。

連絡する時間を考慮してくれない

働きながら転職を考えている方も多数います。
そういった時はお昼休みや退社後に連絡してもらった方がありがたいですね。

しかし、そういった配慮がなく勤務中の連絡が頻繁にあるようなら、相手(転職希望者)の事を考慮せず、自分の仕事に合わせて連絡を取ってきている可能性が高いです。

相手の状況を考えない転職エージェントは変更した方が良いでしょう。

情報が少ない

求人情報が少なく、紹介できるものが無い担当者は、はっきり言って利用する価値がありません。
転職エージェント企業全体で抱えてる案件が少ないという可能性もありますが、そのエージェントが得意としている業種や提携関係にある企業がないと判断できますので、変更してもらった方が良いでしょう。

逆に転職エージェント側から勝手に変更してしまう可能性も

登録しに行った時の転職エージェントから勝手に変更されてしまうこともあります。
その理由は抱えている案件が多すぎるか、転職エージェントが辞めてしまっているかのどちらかでしょう。

交代を希望していないのに頻繁に担当者が変わってしまう場合は要注意です。
自分のことをまた一から説明しなければならないケースも出てきて、円滑に進まなくなってしまいます。

以上、転職エージェントは変更できるのかご紹介しました。
できれば自分の性格や希望を細部まで把握してもらうため、最初から最後まで同じ転職エージェントで対応してもらうのが理想ですね。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントの裏側 -エージェントの仕事編-

求人票が作成された後は、仕事が営業から実際に求職者と相対するアドバイザー(ここではエージェントと呼びます)へ引き継がれます。エージェントの仕事はどのようなものなのでしょうか?一般的にはあまり表に出て来ずイメージが湧かない応募者の絞り込みプロセスを紹介します。

現転職エージェントの為になる話 / 6262 view

転職エージェントを利用した内定・入社までの流れとは

転職活動を行うときに専任のキャリアパートナーが在籍している転職エージェントを利用した方が自分ですべて行動起こさなくてもスムーズに転職活動が進みます。具体的にどのようなサポートをしてくれるのか流れに沿ってご紹介していきましょう。

Haruno / 73249 view

働きながらの転職活動、効率良く活動するためのコツとは?

必ず良い条件で転職できるとは限らないし、今の仕事は辞めないで転職活動をしよう、と言う人も多いだろう。その場合、なかなか時間が取れないし、満足のいく転職活動をするのは難しいだろう。 上手く時間を使って効率良く活動するためには、どうしたらいいのか?説明しよう。

Mr.転職エージェント / 1490 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ