転職サービスは極秘に求人活動ができる

ハローワークの場合、仮に求職活動していない人でも求人情報が閲覧できます。
そこには月収、ボーナス、通勤手当など細部にまでわたって表記されています。
この情報は例えば求人募集を行っている企業の社員も閲覧しようと思えば見れるでしょう。

そこで、もし既存社員に与えている報酬よりも高い条件で募集していたら既存社員が怒ってしまいますね。
そういったトラブルを防ぐため、ハローワークでは既存社員よりも若干低め、あるいは同等で月収を指定しているケースが多くなっています。

一方転職サービスは求人のほとんどが非公開求人です。
登録しない限り企業の名前はもちろんのこと、年収やボーナスなども、もちろん確認することはできません。

すなわち既存社員にどんな条件で現在募集しているのか知られること無く極秘で進めることができます。
こういった背景からも年収交渉しやすいのは転職エージェントなどの転職サービスが上と言われています。

転職エージェントで求人募集している企業の特徴

例えばハローワークで求人募集を行った場合、応募者の書類審査や面談日時の設定などすべて募集している企業が行うことになります。
その労力を省き、最終的な面談での合否だけで判断するほうが企業にとっては時間を軽減することができます。

ハローワークは無料で求人募集を出せますが、その分人事に負担がかかるため、結果的には転職サービスを使った方が効率が良いと考える企業も多いです。
そしてハローワークよりも質の良い求職者が集まりやすい傾向にあります。

例えば転職エージェントの中には実務経験がないと登録を見送られてしまうケースもあるほど。

一方、ハローワークは仮に解雇された経験があったり、自己都合で何度も退職を繰り返している人でも転職活動ができます。
つまり誰でも転職活動ができるゆえ、質が落ちてしまう傾向も否めません。

転職エージェントは年収が高くなってでも良い人材を集めたいという考えが根本にあるため、多少年収交渉がしやすくなっています。
もし自分自身にある程度のスキルと経験が蓄積できたと考えるならば、ハローワークより転職サービスの方が年収面で良い求人が見つけられるでしょう。

以上、ハローワークと転職サービスを比較した時に年収が上がりやすいのはどちらか検証してみました。
どちらも無料でできるのなら条件の良い求人がみつかる転職サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

自分の主張を貫いた結果、就職活動失敗・・・既卒の転職活動ってどうすればいいの?

新卒で就職活動をしてみたけれど、「自分がしたいことがわからなくなった」「みんな同じようなスーツで就職活動が嫌になった」などの理由で新卒の就職活動を断念してしまう人もいる。「第二新卒」「既卒」になると、やや就職は困難になるが、これから転職活動をどう戦っていけば良いのだろうか?

Mr.転職エージェント / 1397 view

外資系企業へ転職する場合の注意点

日系の企業に就職した人にとって、外資系企業というのはどこか不安な印象を受けると思います。どこか無機質で淡白なイメージがあるからです。では、外資系企業に転職する場合はどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 9503 view

大企業に転職できれば不満は一切なくなる!?

厚生労働省の調査では1,000人以上の企業に就職した人は転職する割合が少ないとデータが明らかになっています。 やはり待遇面や環境面で安心して仕事に打ち込める環境が整っていることが要因と言えます。 具体的にどんなメリットがあるのかみていきましょう!

Haruno / 1592 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ