相変わらず管理職の女性は少ない?

働いている女性は昔に比べて大幅に上昇し、2014年以降は70%を突破。
10人中7人は働いている計算になり、専業主婦の人の方が珍しい状況になってきました。

これだけ多くの人が働いているので管理職の女性も多い中と思いきや、その比率は非常に少なく2014年で8.3%。

これだけ多くの人が働いているので管理職の女性も多い中と思いきや、その比率は非常に少なく2014年で8.3%。

近い将来10%以上確実!

女性の管理職はまだまだ珍しいという感覚がありますが、それが日常的な社会になっていく可能性が高いです。
10年後、20年後には20%、30%になっていてもおかしくありません。
女性の管理職が倍になったのは、今までに見られなかった傾向ですからね。

女性だけの社会(エステ業界や看護協会など)であればもちろん管理職の女性はたくさんいますが、男女が共に働いている職場でも女性の管理職が今後増えていくでしょう。

ただ誰でも管理職になれるわけではなく、勤続5年以上の経験は欲しいですね。
しかしアパレル業界などは比較的早く店長やマネージャーへの昇格があり、管理職になりやすい職種と言われています。

この背景には晩婚化の影響も

女性で管理職を任される人が多くなっていますが、その背景には晩婚化の影響もあると考えられます。
女性の初婚平均年齢は29歳。

20代後半になってもバリバリ仕事を頑張っている人が多いですから、それだけ管理職を任される人の割合も増えてきたということですね。

もちろん企業側は、「この人は結婚しないんだろうから管理職を任せよう」などとしているわけではなく、日頃からヒアリングをして、「将来的にどんなライフスタイルを描いているのか」を聞いて管理職を任せていますので、女性のみなさんはご安心を!

仮に将来、結婚・出産を経ても再び職場復帰できるような環境が整っているからこそ、女性の管理職が増えてきたと言えますね。

以上、女性管理職の割合と今後の展望について紹介しました。
最近は女性目線の考え方や視点が重要視されている傾向がありますから、管理職は更に増えていくでしょう。
正社員として働く目標だけでなく、管理職を目指したいという女性も増えています。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職して生活が楽になるかは消費者物価指数が大事って知ってた?

突然ですが皆さんは「消費者物価指数」というものをご存知ですか? 東京は105、大阪は100、福岡は97などと数字が出ていることがありますね。この数値が低ければ低いほど生活しやすい地域と言えます。地域ごとの消費者物価指数を見ていきましょう。

Haruno / 3226 view

転職にハローワークを利用するという選択肢

ハローワークの存在はご存じでしょうか。転職活動の際にハローワークの求人や職業訓練を利用することも一つの手です。

ママエージェント / 2686 view

産休・育休制度がしっかりしている職種とは?

「将来子供が欲しい」、「育児の時間が欲しい」と考えている人は産休・育休制度がしっかりしているところで働きたいと考えているはずです。 日本でも徐々に理解が進んでいますが、それでも制度がしっかりしていないのが現状。 ここでは転職をする際にどの職種が産休・育休を取れるのか調べてみました。

Haruno / 11312 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ