1週間で60時間超えるのは20%未満

男性正社員を対象とした1週間の就業時間を、総務省が発表しています。
その結果によると、1週間で60時間以上になっている人の割合はおよそ17%。

決して多い比率ではないですが、働きすぎの人が世の中にはこんなにたくさんいるわけです。
ここまで負担がかかると体調を崩したり、精神面でうつ状態になってしまう可能性も高まります。

ひょっとしたら、こういった環境で働いている人は職場で、「これぐらい、この業界では当たり前だ!」と上司に言われているかもしれませんが、それは稀なケースと理解しておいたほうが良いでしょう。

特に30代が負担増

1週間で60時間以上働いている人は17%程度になっていますが、年齢別に見ていくと20代後半から、30代は20%を超えてしまっています。

いわば働き盛りで、体力的にある程度負担がかかっても大丈夫と思われている世代は、仕事量が多すぎな傾向が数値上も明らかになっています。

1週間で60時間以上働いている人は5人に1人の割合。
本当にその職場で良いのか考え直す必要がありそうです。

そういった過酷な状況で働いてしまうと、周りの意見や情報がなかなか耳に入ってこないことがあります。
しかし現実的には1週間で60時間以上働いているのは、ちょっと異常と言わざる得ません。

女性の場合はどうなの?

女性の正社員でも同様の調査を行った結果があり、1週間で60日間以上働いている人は8%になっています。
男性に比べればまだその割合は少ないですが、20代前半だと10%を超えているため、若い社員だと負担がかかっている人が世の中には居るということがわかります。

特に女性の場合はリーマンショック以前の数値と比較しても全体的に労働時間が増えてきているので、こういった過酷な勤務を強要しているところも少なくありませんので注意が必要です。

以上、1週間で60時間以上働いている人はどれぐらいいるのか検証してみました。
過酷な状況に該当している人は自分のような従業員は少数派に当たることを理解し、今一度職場環境について見直してみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

ママの就職活動

小さいこどもがいるから仕事を見つけることは難しい。それが今の日本の現状でしょう。しかし、やる気と周囲のサポートがあれば見つけることは可能です。どうせ無理だろう、とあきらめるのではなく、小さな仕事からでも挑戦してゆっくりキャリアを築いてはいきませんか。

ママエージェント / 2030 view

転職のチャンス!?有効求人倍率が上昇傾向に!

近年、景気回復が叫ばれていて2009年を最後に有効求人倍率が回復傾向にあります。 有効求人倍率は高ければ高いほど応募者にとって有利な状況を示す割合。 悪い時は0.5倍の水準になっていた時期もありましたが、今は1.24倍まで回復しています。 有効求人倍率について詳しく見ていきましょう!

転職さん / 2684 view

残業が少ない業種はこんなところ!

「残業なんてやりたくない!」、「早く家に帰りたい!」と思っている人も多いでしょう。 残業が慢性化しているところでは、いくら自分が頑張ろうと、なかなか状況が変わらないというケースがほとんど・・・。 その場合は転職も視野に入れた方が良いでしょう。

キャリアエージェント / 957 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ