1週間で60時間超えるのは20%未満

男性正社員を対象とした1週間の就業時間を、総務省が発表しています。
その結果によると、1週間で60時間以上になっている人の割合はおよそ17%。

決して多い比率ではないですが、働きすぎの人が世の中にはこんなにたくさんいるわけです。
ここまで負担がかかると体調を崩したり、精神面でうつ状態になってしまう可能性も高まります。

ひょっとしたら、こういった環境で働いている人は職場で、「これぐらい、この業界では当たり前だ!」と上司に言われているかもしれませんが、それは稀なケースと理解しておいたほうが良いでしょう。

特に30代が負担増

1週間で60時間以上働いている人は17%程度になっていますが、年齢別に見ていくと20代後半から、30代は20%を超えてしまっています。

いわば働き盛りで、体力的にある程度負担がかかっても大丈夫と思われている世代は、仕事量が多すぎな傾向が数値上も明らかになっています。

1週間で60時間以上働いている人は5人に1人の割合。
本当にその職場で良いのか考え直す必要がありそうです。

そういった過酷な状況で働いてしまうと、周りの意見や情報がなかなか耳に入ってこないことがあります。
しかし現実的には1週間で60時間以上働いているのは、ちょっと異常と言わざる得ません。

女性の場合はどうなの?

女性の正社員でも同様の調査を行った結果があり、1週間で60日間以上働いている人は8%になっています。
男性に比べればまだその割合は少ないですが、20代前半だと10%を超えているため、若い社員だと負担がかかっている人が世の中には居るということがわかります。

特に女性の場合はリーマンショック以前の数値と比較しても全体的に労働時間が増えてきているので、こういった過酷な勤務を強要しているところも少なくありませんので注意が必要です。

以上、1週間で60時間以上働いている人はどれぐらいいるのか検証してみました。
過酷な状況に該当している人は自分のような従業員は少数派に当たることを理解し、今一度職場環境について見直してみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

産休・育休制度がしっかりしている職種とは?

「将来子供が欲しい」、「育児の時間が欲しい」と考えている人は産休・育休制度がしっかりしているところで働きたいと考えているはずです。 日本でも徐々に理解が進んでいますが、それでも制度がしっかりしていないのが現状。 ここでは転職をする際にどの職種が産休・育休を取れるのか調べてみました。

Haruno / 10764 view

転職サイトで企業から届くメールにはこんな意味合いが!?

転職サイトに登録しておくと別に身に覚えがないのに、特定の企業からスカウトメールやプライベートオファーが届くことがあります。 そのメールの意味合いはどんなものなのか、そして内定率はアップするのか検証していきます。 オファーによってはただの時間の無駄になることも!?

転職エージェントガール / 3580 view

やりたい仕事を目指して転職して後悔したこと

夢があるということは大変素晴らしいことだと思います。わたしもやりたい仕事があり、その仕事に向かって転職活動をした経験があります。 その際は、やりたい仕事でどんな条件でも構わない、経験を積むことが出来ればそれで良いと思って活動をしました。しかし、現状はやはりきついところもありました。

ママエージェント / 9787 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ