第1位 宿泊業、飲食業

これは予想通りと言っても良いでしょう。
ホテルや居酒屋などは従業員が寝る間も惜しんで働いているイメージがありますね。

第2位 運輸業・郵便業

トラックの運転手など配達人は労働時間が多いという結果に。
最近は配達も夜遅くまで指定できるなど利用者にとって利便性はアップしていますが、働いている人の拘束時間は長い結果に・・・。

第3位 サービス業・娯楽業

アミューズメントパークの従業員、パチンコホールスタッフ、コンシェルジュなどに該当するサービス業・娯楽業も労働時間が多くなっています。

第4位 教育学習支援業

ピアノの先生、塾の講師、家庭教師など。
どうしても受講者に合わせた勤務になるので労働時間も多くなる傾向が見られました。

第5位 卸売業・小売業

雑貨屋さん、文房具屋さん、ペットショップなど。
普通の会社員と比べ営業時間が長くなり、それに伴い労働時間も多くなる傾向が見られました。

第6位 不動産業、賃貸業

マンションやアパートなどの賃貸物件を提案するサービスが第6位となりました。
利用者がどうしても土日などが多くなるので、休日が少なく、働いている時間が多くなりがちです。

第7位 建設業

家やビルの建築はスケジュールに沿って行っていきますが、それでも天候によって業務がうまく進まないケースも多々あり、それに伴い労働時間が増えてしまうこともあります。

第8位 産業系

産業と一言でいっても幅広いですが、ここでは農業や漁業、鉱業などを指しています。
残業はそれほど多いとは言えませんが、勤務時間がバラバラで負担がかかる仕事とも言われます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

介護職員はハローワークと転職サービスでどちらが良い求人がある?

介護職員として働くときに、「ハローワークと転職サイトではどちらが良い求人があるのか」気になるところです。 ここでは実際にどんな求人があるのか比較してみました。 基本給やボーナスに集点を当て、待遇面でどちらが良いのか検証していきます!

Haruno / 1128 view

システムエンジニアを目指すならどんな資格を取得すればよい?

システムエンジニアになりたいと考えた時どのような資格があれば転職に有利に働くのでしょうか。 ある程度実務経験があればそこまで資格にこだわる必要はないのですが、未経験の方や職歴が浅い方は資格も考慮した方が良いでしょう。ベンダー資格などがあれば武器になるはずです。

Haruno / 7250 view

休みが多い職種に転職したい!年間休日が多い仕事とは?

残業が多かったり、休みが少ないとその反動で休みの多さを第一条件に転職したいと考えている方もいるでしょう。 ここでは休日が少ない職種と多い職種を分析してご紹介していきます。年間にして30日以上休みが違ってきますから職種選びはとても大切です。

転職さん / 6171 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ