第1位 宿泊業、飲食業

これは予想通りと言っても良いでしょう。
ホテルや居酒屋などは従業員が寝る間も惜しんで働いているイメージがありますね。

第2位 運輸業・郵便業

トラックの運転手など配達人は労働時間が多いという結果に。
最近は配達も夜遅くまで指定できるなど利用者にとって利便性はアップしていますが、働いている人の拘束時間は長い結果に・・・。

第3位 サービス業・娯楽業

アミューズメントパークの従業員、パチンコホールスタッフ、コンシェルジュなどに該当するサービス業・娯楽業も労働時間が多くなっています。

第4位 教育学習支援業

ピアノの先生、塾の講師、家庭教師など。
どうしても受講者に合わせた勤務になるので労働時間も多くなる傾向が見られました。

第5位 卸売業・小売業

雑貨屋さん、文房具屋さん、ペットショップなど。
普通の会社員と比べ営業時間が長くなり、それに伴い労働時間も多くなる傾向が見られました。

第6位 不動産業、賃貸業

マンションやアパートなどの賃貸物件を提案するサービスが第6位となりました。
利用者がどうしても土日などが多くなるので、休日が少なく、働いている時間が多くなりがちです。

第7位 建設業

家やビルの建築はスケジュールに沿って行っていきますが、それでも天候によって業務がうまく進まないケースも多々あり、それに伴い労働時間が増えてしまうこともあります。

第8位 産業系

産業と一言でいっても幅広いですが、ここでは農業や漁業、鉱業などを指しています。
残業はそれほど多いとは言えませんが、勤務時間がバラバラで負担がかかる仕事とも言われます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

営業職に転職をしたい!そのために必要な3つの対策とは!?

営業職に転職を図りたい方の中で、経験豊富なベテランというのはごく少数ですね。 大体の方はあまり実務経験がない、あるいは他業種の経験はあるけども営業職の経験はないといった方がほとんどです。 そういった方がどのような対策を講じれば内定をもらえるのか検証してみました。

Haruno / 4422 view

残業が多い職種、休日が少ない職種とは?

労働者が非常に疲弊して退職してしまうケースが多いのがサービス業やメディア関連。 具体的にどれぐらいの残業時間や休日日数となっているのか詳しくご紹介していきましょう。年間休日が100日を切ってしまう職種も・・・。

Haruno / 7245 view

コレができれば異業種への転職も可能!?

転職活動は同業種のみの経験が重視される傾向にあります。 ただ、そういった転職事情とは裏腹に、「新しい仕事をしてみたい」、「今までとは異なった分野に挑戦したい」という方も少なくありません。 そういった時にどのような転職活動を行えば、新しい分野での内定がもらえるのでしょうか。

Haruno / 1352 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ