会員数が最も多いのは?

会員数が多い順に表記すると下記のような結果になりました。

第1位:リクナビNEXT 497万人
第2位:マイナビ転職 310万人
第3位:DODA 270万人
第4位:type 190万人
第5位:イーキャリア 98万人

上記のようにリクナビNEXTが頭一つ抜けていますね。
リクナビNEXTやマイナビ転職は必ず登録するようにしておいて、他にも2つ程度は登録し、自分の希望に合った案件の見逃しがないようにしたいですね。

年齢別でそれぞれに向いている転職サイトとは

それぞれの転職サイトで年代別の求人がどれぐらいの比率であるのか検証してみました。

20代向け求人の比率

type:44%
DODA:43%
マイナビ転職:34%
イーキャリア:28%
リクナビNEXT:24%

30代向け求人の比率

リクナビNEXT:47%
マイナビ転職:42%
type:42%
DODA:35%
イーキャリア:29%

40代以上向け求人の比率

イーキャリア:43%
リクナビNEXT:29%
マイナビ転職:24%
DODA:22%
type:15%

上記のように年齢によって求人数の割合が異なります。
リクナビNEXTは求人数の多さでは秀でていますが、20代の求人が多いわけではないので、20代で転職活動をしている人はtypeやDODAへの登録をお勧めします。

業種別求人数の割合とは

求人数が多くても自分が希望している仕事がなければ意味がありませんね。
ここでは業種別の仕事でそれぞれ一番多いものを紹介していきます。

・営業職の割合が多い転職サイト⇒DODAで22%。
・事務職の割合が多い転職サイト⇒リクナビNEXTで23%。
・サービス系の割合が多い転職サイト⇒typeで23%。
・クリエイティブ系の割合が多い転職サイト⇒イーキャリアで7%。
・金融、不動産系の割合が多い転職サイト⇒イーキャリアで8%。
・ソフトや技術関連の割合で多い転職サイト⇒typeで14%。
・建築、土木関連の割合が多い転職サイト⇒マイナビ転職で10%。
・公務員の割合が多い転職サイト⇒リクナビNEXT で8%。

上記のようにそれぞれの特性があるので、自分の希望業種の割合が多い転職サイトは登録するようにしておきましょう。

以上、主要転職サイト5つを比較してみました。
登録する時はついつい会員数で決めがちですが、自分の希望業種求人数と必ずしも比例しているわけでいないので注意しましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

産休・育休制度がしっかりしている職種とは?

「将来子供が欲しい」、「育児の時間が欲しい」と考えている人は産休・育休制度がしっかりしているところで働きたいと考えているはずです。 日本でも徐々に理解が進んでいますが、それでも制度がしっかりしていないのが現状。 ここでは転職をする際にどの職種が産休・育休を取れるのか調べてみました。

Haruno / 10670 view

外資系企業へ転職する場合の注意点

日系の企業に就職した人にとって、外資系企業というのはどこか不安な印象を受けると思います。どこか無機質で淡白なイメージがあるからです。では、外資系企業に転職する場合はどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 9503 view

転職活動中にあったワースト3の出来事

私はかなり自分にとって難関度の高いものを目指していたため、最終的に転職活動の中で30社以上の面接をしました。その中であった最悪な出来事を紹介します。

ママエージェント / 1039 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ