会員数が最も多いのは?

会員数が多い順に表記すると下記のような結果になりました。

第1位:リクナビNEXT 497万人
第2位:マイナビ転職 310万人
第3位:DODA 270万人
第4位:type 190万人
第5位:イーキャリア 98万人

上記のようにリクナビNEXTが頭一つ抜けていますね。
リクナビNEXTやマイナビ転職は必ず登録するようにしておいて、他にも2つ程度は登録し、自分の希望に合った案件の見逃しがないようにしたいですね。

年齢別でそれぞれに向いている転職サイトとは

それぞれの転職サイトで年代別の求人がどれぐらいの比率であるのか検証してみました。

20代向け求人の比率

type:44%
DODA:43%
マイナビ転職:34%
イーキャリア:28%
リクナビNEXT:24%

30代向け求人の比率

リクナビNEXT:47%
マイナビ転職:42%
type:42%
DODA:35%
イーキャリア:29%

40代以上向け求人の比率

イーキャリア:43%
リクナビNEXT:29%
マイナビ転職:24%
DODA:22%
type:15%

上記のように年齢によって求人数の割合が異なります。
リクナビNEXTは求人数の多さでは秀でていますが、20代の求人が多いわけではないので、20代で転職活動をしている人はtypeやDODAへの登録をお勧めします。

業種別求人数の割合とは

求人数が多くても自分が希望している仕事がなければ意味がありませんね。
ここでは業種別の仕事でそれぞれ一番多いものを紹介していきます。

・営業職の割合が多い転職サイト⇒DODAで22%。
・事務職の割合が多い転職サイト⇒リクナビNEXTで23%。
・サービス系の割合が多い転職サイト⇒typeで23%。
・クリエイティブ系の割合が多い転職サイト⇒イーキャリアで7%。
・金融、不動産系の割合が多い転職サイト⇒イーキャリアで8%。
・ソフトや技術関連の割合で多い転職サイト⇒typeで14%。
・建築、土木関連の割合が多い転職サイト⇒マイナビ転職で10%。
・公務員の割合が多い転職サイト⇒リクナビNEXT で8%。

上記のようにそれぞれの特性があるので、自分の希望業種の割合が多い転職サイトは登録するようにしておきましょう。

以上、主要転職サイト5つを比較してみました。
登録する時はついつい会員数で決めがちですが、自分の希望業種求人数と必ずしも比例しているわけでいないので注意しましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職するなら福岡がオススメ?年収が高くて物価が安い?

ここでは地域別の年収と物価についてご紹介していきます。 東京や大阪など大都市になればなるほど給料が高いとされていますが、それに伴い家賃や飲食店の値段も高い印象がありますね。給料と消費物価指数のバランスが良く住みやすい地域を検証してみました。

Haruno / 9596 view

フリーターからの転職は最低賃金を確認せよ!

フリーターからの転職となると、なかなか内定をもらうだけでも一苦労ですね。 そんな時、ひょっとしたら足元を見られて最低賃金が守られていない可能性もあるかもしれません。 最低賃金制度を理解し、自分の給料がそれに該当していないかチェックしましょう。

転職エージェントガール / 1298 view

最低給与額はどんな人がなってしまうの?

よく求人広告を見ていると給与形態のところに「18万円〜」、「20万円〜」、「25万円〜」などの記載がされているケースがありますね。 「最高月収40万円」などと記載されていると変な期待を抱いてしまいますね。 ここでは最低給与額はどのように決まるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 1486 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ