会員数が最も多いのは?

会員数が多い順に表記すると下記のような結果になりました。

第1位:リクナビNEXT 497万人
第2位:マイナビ転職 310万人
第3位:DODA 270万人
第4位:type 190万人
第5位:イーキャリア 98万人

上記のようにリクナビNEXTが頭一つ抜けていますね。
リクナビNEXTやマイナビ転職は必ず登録するようにしておいて、他にも2つ程度は登録し、自分の希望に合った案件の見逃しがないようにしたいですね。

年齢別でそれぞれに向いている転職サイトとは

それぞれの転職サイトで年代別の求人がどれぐらいの比率であるのか検証してみました。

20代向け求人の比率

type:44%
DODA:43%
マイナビ転職:34%
イーキャリア:28%
リクナビNEXT:24%

30代向け求人の比率

リクナビNEXT:47%
マイナビ転職:42%
type:42%
DODA:35%
イーキャリア:29%

40代以上向け求人の比率

イーキャリア:43%
リクナビNEXT:29%
マイナビ転職:24%
DODA:22%
type:15%

上記のように年齢によって求人数の割合が異なります。
リクナビNEXTは求人数の多さでは秀でていますが、20代の求人が多いわけではないので、20代で転職活動をしている人はtypeやDODAへの登録をお勧めします。

業種別求人数の割合とは

求人数が多くても自分が希望している仕事がなければ意味がありませんね。
ここでは業種別の仕事でそれぞれ一番多いものを紹介していきます。

・営業職の割合が多い転職サイト⇒DODAで22%。
・事務職の割合が多い転職サイト⇒リクナビNEXTで23%。
・サービス系の割合が多い転職サイト⇒typeで23%。
・クリエイティブ系の割合が多い転職サイト⇒イーキャリアで7%。
・金融、不動産系の割合が多い転職サイト⇒イーキャリアで8%。
・ソフトや技術関連の割合で多い転職サイト⇒typeで14%。
・建築、土木関連の割合が多い転職サイト⇒マイナビ転職で10%。
・公務員の割合が多い転職サイト⇒リクナビNEXT で8%。

上記のようにそれぞれの特性があるので、自分の希望業種の割合が多い転職サイトは登録するようにしておきましょう。

以上、主要転職サイト5つを比較してみました。
登録する時はついつい会員数で決めがちですが、自分の希望業種求人数と必ずしも比例しているわけでいないので注意しましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

「エリアマネージャー候補」ってどんな仕事?転職で役立つ豆知識

求人募集の営業系の仕事で、「エリアマネージャー候補」という言葉を目にしたことがある方もいるでしょう。 これはチェーン店で多い職種の一つで、店舗管理が主な仕事。 複数の店舗を掛け持ちで担当し、総括していくのが主な役目です。具体的にどんな仕事になるのか見ていきましょう!

転職さん / 1330 view

転職活動における本音と建前

転職活動を開始するきっかけというものは10人いれば10通り存在するものですが、意外にもネガティブなものが多いものです。 インターネットに掲載されている転職体験記の類は、どれも転職成功者が後から振り返っているものであることから、どれも美しい話のように思えてしまいます。しかし、実際のところ本当にそうなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 39859 view

前職の給料はしっかりと申告すべき!?ウソは見破られる?

前職の給料について面接でしっかりと申告すべきか検証していきます。 企業によっては「前職の給料を考慮」と記載されている求人募集があります。 そうなると「ちょっと高めの給料を伝えておいて高い報酬をゲットしたい」という考えが生まれることも。 ここでは前職の給料の伝え方について述べていきます!

転職さん / 9309 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ