転職によって管理職にはなれないのか

例えば、一度も転職していない30歳の社員と、27歳の時に転職をしてきて、その業務を行うのが3年目の30歳の社員、比較すると前者の方が管理職になれる確率が高そうな気がしますね。

しかし統計上では必ずしも、そういったデータは出ていません。
厚生労働省は職業キャリア形成に関する調査を行い、「経験職種数と管理職になれる割合」を分析した結果を発表しています。

そのデータによると、

・経験職種が1つ:31.2%
・経験職種が2つ:35.3%
・経験職種が3つ:19.9%
・経験職種が4つ:8.5%
・経験職種が5つ:4.7%

上記のようになっています。
転職回数が増えれば増えるほど管理職になれる割合は減っていくといえるでしょう。
しかし管理職になれる確率は、実は経験職種が2つの人が最も多いんです!

つまり、一度は転職して職種を変えた方が様々な視点から物事を捉えられる人間と判断され、むしろ管理職になれる確率がアップしているというデータが明らかになっています。

転職はむしろ一度は経験しておくべき?

管理職になれる確率を考えるなら、1回までは転職経験も全然アリです。
2つの職種を経験した人は営業や販売面での視点、マーケティングや調査・分析の視点、企画や事業開発など様々な視点で捉えることができるため、むしろ上司からもその経験が買われて、役職に就くケースが多くなっています。

転職するときは全く同じ職種よりも、ちょっと違った分野に挑戦した方が将来的なことを考えるとプラスになるでしょう。

そして理想は1つの職種に3年から5年ほど経てから転職すること。
業務の実態を把握してから転職しないと、その経験が次の職場で上手く活かしきれない可能性が出てきます。

将来的なキャリア形成を考えた時に違った分野の知識も増やしたいという転職理由ならば、前向きに受け取ってもらうことができ、転職活動もスムーズに行うことができるでしょう。

以上、転職によって管理職になれる可能性は変わってくるのか、検証しました。
転職回数は増えれば増えるほど管理職の道が遠のきます。
しかし1回まではむしろプラスに作用するので、まだ転職をしていない方は積極的に新しい世界へ飛び込んでみましょう!

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

新卒の就職活動と転職活動の違い

新卒の就職活動は大学からの支援や、みんなが同時に活動を行うため、誰かが背中を常に押してくれました。その分、競争感を余計に感じ、誰かが内定がでた、と聞く度に焦りを感じました。でも、転職活動は全く違います。良い面と悪い面を含めご紹介していきます。

ママエージェント / 902 view

転職時の採用試験で行われる筆記試験や性格適性検査

中途採用に応募する場合、書類選考や面接選考のほかに、筆記試験が行われる場合があります。 特に技術職の場合は必ずと言って良いほど筆記試験が行われ、逆に営業職や医療系、クリエイティブな職種では行われないことが多いです。

転職忍者 / 2102 view

総務省統計局データに見る転職希望者の心の叫び

元転職エージェントのCA2.0でっすごきげんよう。 さて、たまには真面目にデータで読み解く転職の側面でも書こうかと思う。 ソースは総務省統計局の労働力年報が大部分を占める。

CA2.0 / 4522 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ